プロのお掃除の世界では、刷毛が大活躍しています。

オススメおそうじ道具のご紹介

  • 7058
  • 20
  • 2
  • いいね
  • クリップ

おそうじ道具というと、歯ブラシ、スポンジ、ツインブラシなどが思い浮かびますね。

ここに、刷毛(ハケ)が加わったらどうでしょう?

プロのお掃除屋さんの世界では、当たり前のように刷毛が使用されています。

主な用途は、
①乾いたホコリを落とす
②洗剤を塗る
③汚れをつつく(つつきながら溶かす、剥す)
です。

①乾いたホコリを落とす

乾いたホコリを落とすのに、刷毛が重宝します。

例えば、
巾木に載ったほこり、
サッシの乾いたホコリ汚れを掻き出す、
網戸に付着したホコリを落とす

などです。

②洗剤を塗る

刷毛は洗剤を塗布する(塗る)のにとても役立ちます。

通常、洗剤を使用する時は、
・スプレイヤーに入れて汚れやスポンジに拭きかけて使用
これが思い浮かびますが、

タッパーに作った洗剤を、刷毛を浸し、その後に汚れに塗る

という用に使用します。

洗剤をダイレクトに利かせるためには、これがベストです。

ただし、スプレイヤー使用と違う点は、汚れに洗剤を塗った刷毛は少なからず、汚れますね。
それをまたタッパーにつくった洗剤に刷毛を浸し…と繰り返すので、タッパーの洗剤自体が汚れます。

ということは、作り置きはできません。

その都度つくって、あまったら捨てる、という事になります。

③汚れをつつく(つつきながら溶かす、剥す)

上の写真は浴室のドアの下部です。

通気口は、ホコリが溜まります。

しかし、奥まっている場所にたまるため、なかなかお掃除できません。

そんなときに活躍するのも刷毛です。

毛先が長いので、奥まった場所の汚れのつついて落とす事ができます。

このような毛が長い刷毛は奥まった部分のお掃除に大活躍します。

他にも、サッシのレール部分のおそうじをするとき、歯ブラシでは角の汚れは取れません。
ブラシの毛が届きませんから。

しかし、この刷毛なら、角の汚れにもアプローチできます。

お掃除用の刷毛はどこで入手できるか。

写真の刷毛は「ハンディクラウン ガーデニング刷毛」で検索してみて下さい。

お掃除用ではありませんが、お掃除に大活躍です!

刷毛は他にも、ホームセンターの塗装用コーナーで購入できます。

100円均一にも打っていますが、高温や、洗剤(薬品)に耐えられません。
ですので、100円均一の刷毛は、乾いたホコリを書き出すのがメイン用途となります。

高温や洗剤(薬品)に耐えられる刷毛は、はやりそれなりの値段がします。

ぜひ、あなたのおそうじ道具の中に、「刷毛」を加えてみて下さい。

さらに、お掃除が楽しくなると思います。

  • 7058
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

名古屋、岐阜エリアでハウスクリーニング、エアコンクリーニングのお仕事しています。プロのお掃除テクニック、惜しみなくどんどん公開していきます(^^)おそうじ方法で…

おすすめのアイデア

話題のキーワード