カーテンを洗うついでに出来る!カーテンレールの簡単掃除ステップ1・2・3!

日に日に涼しくなり、秋の深まりを感じるころはカラリと晴れた日が多くなる絶好のお掃除日和です。

「そんな日にカーテンを洗う!」

というご家庭も多いのではないでしょうか!

カーテンを洗うついでにカーテンレールの掃除もして、窓周り全体をスッキリさせたいですね!

今回はそんなカーテンレールの掃除手順についてお伝えいたします!

  • 89382
  • 185
  • いいね
  • クリップ

まずはホコリを吸い取ることからスタート!

カーテンを取り外して洗っている間に、カーテンレールを掃除しちゃいましょう!

早速濡らした雑巾で・・・って、ちょっと待って!

部屋のホコリが巻き上がるためカーテンレールには意外とホコリが溜まっていたりするものです。いきなり濡れた雑巾で拭いたらホコリを広げてしまう可能性も。

まずは掃除機でホコリを吸い取ることからスタートしましょう!

その後の拭き掃除が格段にラクになりますよ!

乾いたホコリ取り用シートで、細かいホコリをキャッチ!

ある程度のホコリを吸い取ったら、次に最後までホコリを取りきります!!

マイクロファイバークロスを使ってもいいですが、ホコリが多いようなら使い捨てのフロアモップ用シートを使ったほうがその後の洗う手間が省けて、ラク!

私は無印良品のフロアモップ用替えシートドライタイプを使いました。

アルコールスプレーでホコリも汚れもスッキリ拭き取ります!

ホコリが取れたら、あとは最終仕上げ!

濡らした雑巾でしっかり丁寧に拭きあげてください。
アルコールスプレーを吹きつけたマイクロファイバークロスで拭き取ってもいいですね!アルコールスプレーは市販品の除菌スプレーで充分ですよ。

最初にホコリをほとんど取り除いているので、拭き掃除は簡単にできるかと思います。

ついでに窓掃除も、ぜひ!

カーテンが無いと窓掃除がとってもラク!!
せっかくなので窓の掃除もしちゃいましょう。

アルコールスプレーを吹きつけて、マイクロファイバークロスで拭き取ればあっという間に窓掃除ができちゃいます。

アルコールスプレーは揮発性が高いのですぐ乾くから拭き跡が残りません!二度拭きいらずなのも嬉しいポイント!

さらに除菌もできるので窓周りのパッキンなどにも有効。

マイクロファイバークロスは汚れをしっかりキャッチする特殊繊維で出来ているので、アルコールスプレーと組み合わせることで簡単に家の中を綺麗にすることができる最強の組み合わせです!

このまま床も掃除できるし電球のシェード、家電、ガラスのテーブルなどなど私は家の中のほとんどの掃除をこの組み合わせで乗り切っています!!

(ただしアルコールが使えない素材もありますので、しっかりと確認が必要です)

最後に床の掃除をして終了です!

窓周りの掃除をして、終了!

ではなく、最後に必ず床の掃除もしてくださいね。

掃除機で吸い取るだけで大丈夫です。

カーテンレールを含む窓周りから落ちたホコリが床にたまるので、それを全て吸い取ってお掃除完了となります!

洗いあがったカーテンを取り付ければ、窓周りがちょっと明るく生まれ変わったよう!!
入ってくる風も心なしか爽やかで、気持ちもスッキリしちゃいますよ!

カーテンを洗うついでにできる、カーテンレールの一番簡単なお掃除ステップをお伝えしました!

  • 89382
  • 185
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード