秋はほっこりスイーツがおいしい季節♡さつまいもを使ったケーキのレシピまとめ

本格的な秋を迎えると、がぜん食欲が増してきますよね。秋冬はさつまいもを使ったほっこりスイーツがたくさん出回ります♪ LIMIAにもスイートポテトのケーキやさつまいものシフォンケーキなど、ティータイムを華やかにしてくれるレシピがたくさん投稿されていますよ♡ 秋に食べたいおすすめのレシピをまとめました!

  • 8364
  • 199
  • 0
  • いいね
  • クリップ

秋はさつまいもスイーツがおいしい♡

食欲の秋到来! 中でも秋に旬を迎えるさつまいもは、自然でやさしいが甘味がたまらないですよね。そのまま食べてもおいしいさつまいもですが、スイーツにアレンジしてもっとおいしくいただいちゃいましょう!

甘味のあるさつまいもは、スイーツを作る際、少量の砂糖だけでも十分甘さを感じることができます。それもそのはず。実は、さつまいもの甘さは加熱時の温度と時間で変わることをご存知? さつまいもの甘さのポテンシャルを100%活かして、さつまいものケーキ作りにチャレンジしてみましょう!

こんなに簡単なの!? 初心者でも作れるスイートポテトケーキ♡

スイーツ作りとなるとハードルが高いと思われがちですが、ちゃんちーさんのアイデアレシピなら誰でも簡単にさつまいもスイーツを作ることができますよ♪

なんといっても焼くまでたったの10分! これなら忙しい主婦でもトライできそうですね。

●材料(18cmスクエア型または丸型)
・サツマイモ……約250g
・バニラアイス……1個(140ml)
・牛乳……60ml
・卵……2個
・砂糖……40〜60g
・薄力粉……大さじ1(10g)
・ココアクッキー(オレオ使用)

さつまいもは、皮を剥いて適当な大きさに切ったら水にくぐらせ、ふんわりラップをしてレンジ(600W)で3〜4分加熱。その間に型にクッキングペーパーを敷き、クッキーを並べます。

さつまいもと残りすべての材料をミキサーにかけてペースト状にしたものを型に流し入れます。170℃に余熱したオーブンで50分前後焼いて完成!

生地にクッキーを使うことで手間が省けるのもポイント。さつまいものやさしいおいしさが感じられるレシピ、ぜひお試しあれ♪

▼詳しいレシピはこちら▼

コーヒーに合う♡ しっとりほくほくスイートポテトケーキ

日に日に色濃くなる秋の気配。そんなときはさつまいものパウンドケーキとコーヒーでくつろいでみませんか? さつまいもをたっぷり使った、シンプルなスイートポテトケーキはここさんのアイデアです。

●材料(パウンド型 18cm 1台分)
・さつまいも……300g
・牛乳……100cc
・卵……2個
・バター……50g
・砂糖……70g
・薄力粉……15g
・ベーキングパウダー……6g
・バニラエッセンス……適量

さつまいもは1cm角に切り、水にさらした後、水気をとっておきます。鍋に牛乳とさつまいもを入れ、 弱火で柔らかくなるまで煮ます。

さつまいもを熱いうちにマッシャーや麺棒で粒が残るくらいまで潰します。ボウルに常温に戻しておいたバターを入れ、クリーム状になるまで練り、砂糖を加えよく混ぜ合わせます。

溶いた卵を少しずつ加え、ハンドミキサーでその都度よく混ぜ合わせます。ここにさつまいもペーストを加え、ヘラで混ぜ合わせます。最後にふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え、さっくりボウルの底から混ぜ合わせます。

型に入れ180度で45分焼いたらできあがり! お好みでスライスアーモンドを乗せても◎。焼きたてはもちろん、冷やしてもしっとり感が味わえますよ♪

▼詳しいレシピはこちら▼

気分はハロウィン! ジャック・オ・ランタンのスイートポテトタルト

すっかり日本のイベントとして定着したハロウィンにぴったりなスイートポテトタルトを紹介してくれたのはかおチャンさん。混ぜて焼くだけのかんたんレシピをご紹介しましょう!

●材料(12cm底取れ丸型 1台分)
・さつまいも(皮をむいて)…… 300g
・好みの砂糖……50g
・卵と生クリーム……合わせて150ml

ボトム
・好みのビスケット……50g
・溶かしバター……40g

型に薄くバターを塗ってシートを敷き、砕いたビスケットにバターを加えてボトムを敷き詰めておきます。皮をむいて小さめに切ったさつまいもを柔らかく茹で、溶き卵に生クリームを加えます。

茹でたさつまいもが熱いうちに砂糖を加えて潰し、卵生クリーム液を少しずつ加え泡立て器で混ぜて型に流し入れ、170度のオーブンで40分焼いたら完成です。

粗熱が取れたらホイップクリームやさつまいものキャラメリゼ、ハロウィンクッキーなどでデコレーションをして楽しんでくださいね。

▼詳しいレシピはこちら▼

お月見のおともに♪ 満月みたいなスイートポテトタルト

夜空にぽっかり浮かぶ満月に見立てたお月見スイーツのアイデアはanさん。スイートポテトをたっぷり乗せたタルトレシピをご紹介します。

●材料(16cm 底取タルト型 1台分)
《タルト台》
 無塩バター……30g
 粉砂糖……20g
 全卵……10g
 アーモンドパウダー……10g
 薄力粉……53g

《アーモンドクリーム》
 バター……50g
 砂糖……50g
 卵……50g
 アーモンドパウダー……50g

《スイートポテト》
 さつまいも……正味360g(生の場合450g弱ほど)
 グラニュー糖……45g
 卵黄……10g
 無塩バター……25g
 生クリーム……45g
 ラム酒……5cc
 照り用卵黄……生地用の残りor卵黄1個分

まず、タルト台を作り、その上にアーモンドクリームを流し入れ、焼き上げておきます。

メインとなるスイートポテトは、さつまいもを2cm幅の輪切りにし、蒸す、または茹でて串がすっと通るまで加熱し、粗熱が取れたら皮をとって、その状態で360g準備します。(べちゃっとしていて水分が多い場合は、焦げないよう絶えず木べらで底を混ぜながら中弱火にかけて、もったりとするまで煮詰めた状態のものを準備する)

さつまいもが熱いうちにマッシャー(またはフードプロセッサー)でつぶし、バター、グラニュー糖、生クリーム、卵黄(生地用)の順に加えてよく混ぜ、裏ごしていきます。

弱火にかけ、焦げ付かないよう鍋底から木べら(または耐熱ゴムベラ)で絶えず混ぜながら、もったりと手につかなくなる程度まで練って水分を飛ばしたら、ラム酒を加えてよく混ぜ込み、火を止めます。

上面に残っていた照り用の卵黄を(足りなければ更に卵黄1個を準備)、刷毛でスイートポテトの表面に塗ったら、予熱が終わったオーブンに入れ、薄く焼き色がつくまで約18分ほど焼きます。

焼き色がつきすぎそうな場合はアルミホイルをかぶせて調整を。粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やして完成!

まるでお月様のようなキュートなスイートポテト。お団子の代わりにケーキでお月見なんて、素敵ですね。

▼詳しいレシピはこちら▼

優しい甘さとバターの風味♡ スイートポテトバターマフィン

おやつにぴったりなマフィン。バターがふわっと香り、さつまいもの優しい甘さが口いっぱいに広がるレシピを考案されたのはゆーママ(松本有美)さん。焼き立てはふんわり、翌日になるとしっとり。二度おいしいマフィンです♪

●材料
※260×175×35mmサイズカップ(内高さ35×径65mm、底径65mm 8個分)

《スイートポテト生地》
・さつまいも……1本(250g)
・A 砂糖……40g
・A 有塩バター……20g
・卵(M)……1/2個
・生クリーム……30ml

《マフィン生地》
・B 無塩バター……100g
・B グラニュー糖……80g
・卵(M)…….2個
・C ベーキングパウダー……3g
・C 薄力粉……90g
・仕上げ用有塩バター……適量
・黒炒りごま……適量

【下準備】
・Bのバターは室温に戻す
・Cは合わせてふるう
・型に紙カップを敷いておく
・オーブンは180度に予熱する
(※オーブンレンジの方は、さつまいも加熱後)

《スイートポテト生地》
さつまいもは皮をむき、ひと口大に切ってたっぷりの水に5分ほど浸し水気を切っておきます。耐熱ボウルにさつまいもを入れ、ふんわりラップをかけて電子レンジ600Wで7〜8分ほど加熱し、熱いうちにしっかり潰しましょう。温かいうちにAを加えて混ぜ、溶きほぐした卵、生クリームも加えて混ぜます。

《マフィン生地》
ボウルにBを入れて、しっかり混ぜ合わせ、マフィン生地用の卵を溶きほぐし、少しずつ加えその都度しっかり混ぜます。次にボウルにCの粉類を一度に加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。

ここにスイートポテト生地を加えて混ぜ合わせます。

マフィン型の8〜9分目くらいまで生地を入れ、黒ごまをふって180度のオーブンで20〜25分焼きあげてできあがり。

▼詳しいレシピはこちら▼

クリームたっぷり♪ ごろっとさつまいものシフォンケーキ

ふわふわとした食感が楽しいシフォンケーキにさつまいもを加えて秋の味に! かおチャンさんのレシピはとても簡単なのでお菓子作り初心者もぜひトライを!

●材料(18cmシフォン型 1台分)

《卵黄生地》
・卵黄……4個分
・牛乳……80g
・米油(サラダ油など)…… 60g
・薄力粉……90g

《メレンゲ》
・卵白……5個分
・グラニュー糖……70g

・1cm角に切り、レンチンしてキャラメリゼしたさつまいもを200gほど準備します。

卵白は使う直前まで冷蔵庫に入れておきます。卵黄→牛乳→米油(白っぽくなるまで)→薄力粉(ふるい入れる)の順に泡立て器で混ぜます。

次にメレンゲを作ります。グラニュー糖を3回に分けて加えしっかりしたメレンゲを作ります。ハンドミキサーで6分を目安に。

卵黄生地にメレンゲを3回に分けて合わせます。最後は泡を潰さないように!

さつまいもを加えざっくり混ぜたら、型に流し入れ、170度に予熱したオーブンで35分→160度に下げて5分焼きます。

ショックを与えて逆さまにして冷めたらできあがり。お好みでクリームをかけて召し上がれ♪

▼詳しいレシピはこちら▼

濃厚な口どけがたまらない♡ さつまいものチーズケーキ

さつまいもとチーズのマリアージュ! 濃厚な口どけの秋にぴったりなスイーツのアイデアはchouchouさん。混ぜて焼くだけという手軽さもポイントです。

●材料(15㎝丸型 1台分)
・さつまいも……280g
・砂糖……70g
・卵……2個
・生クリーム……200cc
・クリームチーズ……200g
・薄力粉……20g

《ボトム》
・バターまたはマーガリン……35~40g
・ビスケット……70g

●下準備
クリームチーズを室温に戻し、型にクッキングシートをしく。

●ボトム作り
ポリ袋を二重にしてビスケットを入れ、細かく砕き、溶かしバターを加え混ぜ、型に敷きつめ冷蔵庫で冷やしておく。

さつまいもは皮を剥いて一口大に切り、耐熱皿に入れてラップをかけ600Wで5分加熱します。ミキサーかフードプロセッサーにさつまいもと、砂糖、卵、生クリーム、薄力粉、クリームチーズを入れ、なめらかになるまで混ぜます。

型に流し入れ、160度に余熱したオーブンで50~1時間焼き、焼き色がついたら、途中アルミホイルをかけてくださいね。

型のまま荒熱をとり、ラップをして冷蔵庫で冷やし型から外したら完成。一日しっかり置いてから食べるとさらにおいしさが増すそうです!

▼詳しいレシピはこちら▼

生クリーム不要! さつまいもとマスカルポーネチーズの芋モンブラン

モンブランといえば栗ですが、さつまいもでもおいしく作ることができちゃうんです♪ダーリンのつまさんのアイデアは、ティーパーティーにもぴったりな、とってもキュートなプチスイーツです。

ポイントは生地にベーキングパウダーを使わないので、卵の力を借りること。

●材料
・卵……3個
・三温糖……大さじ10
・バター……150g
・薄力粉……カップ1と1/4
・さつまいも
・バニラビーンズ……1本
・マスカルポーネ……1パック

卵の量が焼き上がりの生地の固さに直結するので、卵3個だと、かなりしっかりめのカントリータイプのカップケーキになるとのこと。ふわっと系が好きな方は、たまごはLサイズ2個が◎。

次に生地作りをします。ホイッパーでザックリと混ぜて、ボールを湯煎にかけて温め、卵液を、40度程度に温め、しっかりと砂糖のジャリジャリを溶かしたら、湯煎から外します。

温度が高すぎると卵が煮えてしまいますので注意! 砂糖が溶けたら電動ホイッパーの強メモリで白っぽくなるまでミキサーをかけます。

溶かしバターと薄力粉を加え、スパチュラで切るように混ぜ、次に下からすくい上げるように十数回かき混ぜて、粉っぽさが消えるまでよく混ぜます。

生地をジップロックに入れて端を切り、しぼり袋にしてシリコンカップに流し入れます。
均等にしぼり入れ、天板ごと3㎝ほど持ち上げて下に落として空気を抜きます。

180度に余熱にしたオーブンで20分焼きます。

さつまいもを熱いうちに潰し、マスカルポーネとバニラビーンズを加えてよく混ぜ、絞り袋に入れます。

粗熱が取れた生地の上にさつまいもとマスカルポーネのクリームをデコレーションして完成! お好みでアラザンやお花の砂糖漬け、小豆などをトッピングしていただきましょう!

▼詳しいレシピはこちら▼

さつまいものおいしい季節はスイーツで決まり!

お菓子作りはハードルが高い! と思われがちですが、今回ご紹介したレシピは基本的に混ぜて焼くだけなので、初心者でも手軽に作ることができるものばかり。

旬を迎えるさつまいもの一番おいしい季節を逃すことなく、スイーツで秋の味覚を堪能してくださいね。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 8364
  • 199
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード