洗剤を買う前に○○をチェック!洗剤の正しい選び方

うちの家には、洗剤が沢山あるわ…
と感じる方多いのでは?
お掃除セミナーを受講される方の受講理由に「洗剤を沢山買わずにすむ方法を知りたい」とお聞きすることがあります。
洗剤を買う時、どの基準で購入しますか?
パッケージやCMだけで購入すると、どんどん洗剤が増えてしまいます。
今回は、必要な洗剤の見分け方をご紹介します。

  • 12479
  • 290
  • いいね
  • クリップ

こんにちは、清掃収納マイスターの山崎由香です。

家事代行にお伺いすると
「ここの洗剤はキッチン用なのでどれ使ってもらってもいいですよ(^^♪)」
と、沢山の洗剤を用意してくださる時があります。

洗剤、用途別に購入してませんか?

・油汚れに抜群!
・除菌効果が!
・さっとキレイになる!

洗剤に魅力的な言葉が書いていて、ついつい買ってしまう。
実は、ドレッシングなどの調味料と一緒で、気に入って購入した洗剤を使いきれない方も多いんです。

あれこれ買うと、お金の無駄だし、収納場所も困ります…
今日からは、パッケージだけでなく○○を見て購入してくださいね。

洗剤は裏に書いてる「液性」を見て買う

今日からは、洗剤の裏の説明文を見て購入してくださいね!
市販されている洗剤は大きく分けると3種類。
・(弱)アルカリ性
・中性
・(弱)酸性
この3つの使い方を知っておくと、少ない洗剤で家中お掃除できます(^^♪

・(弱)アルカリ性

油汚れが得意な洗剤です。

キッチン周りをはじめ、ドアノブ、スイッチ周りの手垢。床の足あか。など家の中のほとんどの汚れが油汚れです。日常的には弱アルカリ性で十分(洗剤使わずお湯拭きでもOK)

濃度の濃い洗剤を使うと、素材を傷めたり、ワックスが剥げることがあるので、注意してくださいね。
(重曹・セスキ炭酸ソーダー・オキシクリーンもこのグループです)

プロが使うHappyLifeオリジナルの植物エコ洗剤もアルカリ洗剤。濃縮洗剤なので、用途ごとに薄めて使うので安心です。詳しくは下記をクリックしてくださいね。

・中性

家中の洗剤を集めたら「中性」がほとんどかもしれません。
中性は界面活性剤の力で汚れを浮かす洗剤で、化学反応も起こさないので安心して使用できるので多いようです。食器洗い洗剤はもちろん、トイレ、お風呂の洗剤にも使われてます。

☆襟元の汚れにもOK
エリは油汚れなので、アルカリ洗剤が良いですが、少し中性(界面活性剤)を足してあげると洗浄力がUPします(^^♪

・(弱)酸性

水あか・尿汚れが得意な洗剤です。
除菌も出来るので、トイレ掃除にオススメです。

混ぜるな危険は「塩素と混ぜると危険」です。
有毒ガスが発生するので、カビ取りと水垢取りを一緒にしないでくださいね。
(クエン酸もこのグループです)

今日からは、自分の目で液性を確かめで洗剤の購入をしてくださいね!


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 12479
  • 290
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

ハウスクリーニング

大阪府箕面市「自然派ハスウクリーニング」Happylifeの山崎由香です。植物洗剤にこだわり、アレルギー体質の方・子ども・ペットなど敏感体質の方にも安心してご利…

おすすめのアイデア

話題のキーワード