グレープジュースで気軽に作れる☆パフェ風秋スイーツ

グレープジュース使って、秋を感じるデザートを気軽に作ってみませんか。

  • 5938
  • 19
  • いいね
  • クリップ

秋になると、栗やかぼちゃのスイーツをよく見かけるようになりますが、ぶどうを使ったスイーツもそのひとつですよね。
”ぶどうを使ったスイーツを作ってみようかな”と思っても、そのままで美味しいため、お菓子の材料にする間もなくなくなってしまうことも…

そんな時は、果汁100%のジュースを使って作ってみませんか?
今回はゼリーとムースを層にしたスイーツをご紹介します。

仕上がりは、スーパーやコンビニで販売されているようなカップデザートのイメージに近いと思います。
ジュースを使えばお手頃価格なのでいつでも気軽に楽しむことができますよ。

材料

240ml容量の容器 6つ分

☆ムース
 グレープジュース 200g
 グラニュー糖 20g
 生クリーム 100g
 粉ゼラチン 5g
 水 30g
 バニラエッセンス 2~3ふり

☆ゼリー
 グレープジュース 250g
 グラニュー糖 30~40g
 水 150g
 アガー 7g

☆スポンジケーキほか・仕上げ
 スポンジケーキ 5~8mm厚み・直径6cmのもの6枚
 ぶどう(またはブルーベリー)シロップ 適量

☆シロップ
 水 25g
 グラニュー糖 10g
 キルシュ 5g

☆生クリーム
 生クリーム 80g
 グラニュー糖 8g

【1.ゼリーを作る】

①アガーとグラニュー糖を予め混ぜておき、ジュースはレンジなどで常温以上に温めておく
 →アガーと砂糖は混ぜておくことでだまになりにくく溶けやすい
 →冷たいままのジュースを使うと、混ぜた瞬間そこに偏って固まって全体がうまく固まらなかったり、口当たりも悪くなるので注意

②小鍋に水を入れて、そこに混ぜたアガー+グラニュー糖を少しずつ振りいれ、中火にかける

③沸騰したら火を弱め、1分弱、混ぜながら軽くふつふつと煮立たせ続けてアガーを完全に煮溶かす

④火からおろしたらすぐにジュースを混ぜ合わせて、容器に流し入れ、粗熱が取れたら冷やし固める

【2.ムースを作る】


①ムース用のゼラチンを水にふり入れて10分ふやかし、レンジで30秒ほどかけて溶かす
 →粉ゼラチンに水を加えるとうまくふやけないので、必ず水に粉ゼラチンをふり入れること

②ムース用のジュースに溶かしたゼラチンを加え、ボウルの底を氷水に当てながらとろみがつくまでゴムベラで混ぜ続け、氷水を外す

③ムース用の生クリームとグラニュー糖を合わせて7分立てにし、②・バニラエッセンスと共によく混ぜ合わせカップに注ぎ分け、冷蔵庫で冷やし固める

【3.仕上げ】

①シロップ用の水とグラニュー糖を合わせてレンジに数十秒かけ、グラニュー糖が溶けたらキルシュを加えて冷ます

②ホイップクリーム用の材料を合わせ、8分立てにし、口金をつけた絞り袋に入れておく

③スポンジケーキを冷やし固めたムースの上に乗せ、シロップを打ち、クリームを絞り出してフルーツシロップやミントなどを飾る

いろいろなアレンジで楽しめる

ぶどうのジュースはメーカーによって酸味や甘さにだいぶばらつきがあるので、グラニュー糖の量もそれに合わせて調整してみてください。
今回はちょっと欲張っていろいろと重ねましたが、ゼリーだけ・またはムースだけを作る、というのもおすすめです。
グラニュー糖の量を調整すれば、他のフルーツジュースで作ることも可能ですので、いろいろなアレンジでお楽しみください。

  • 5938
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード