本と空を愉しむ階段の家|狛江の家

南北に長細い敷地に建つ狭小住宅。
長かったマンション暮らしから戸建てに移るという経緯から、戸建てを満喫するためにもマンションにはない戸建てのメリットを出来るだけ当てはめていこうと考えました。
テントとデッキのある中庭。本棚が組み込まれた階段。女性の多い家族構成に見合った各階の洗面台等々。

それらを安易に組み込むのではなく、一つ一つのアイテムが光と風を取りこむのに有効な働きをしてくれるように、かつ、家族の動線に馴染むように間取りを収れんしていきました。特に南東角に配置した階段は、その上部の高窓からの光を1階の奥に取り込むための役割を果たしています。

狭小であるほど廊下を少なくしたいわけですが、LDKと個室とのつなぎ方が限定されがちで、どうやっても廊下が出てきてしまいます。
1階廊下は中庭にアイストップとして誘われるように配置し、2階廊下はギャラリーと名付けて壁にピクチュアレール、天井に向きの変えられるダウンライトを用意しました。2階は女性のみが使う廊下なので、飾るものに嗜好性が出てそれが家族の「らしさ」を表出するだろうと考えたわけです。

設計の終盤で、ご主人から「宮崎の実家の山で育った杉を使いたい」という話が出ました。
歓迎すべき話でしたが、入荷されてくるものが建材にふさわしいものとは限らないので、建物の性能に影響のない隣地境界の板塀、中庭で使うベンチに使わせてもらうことにしました。もちろん、乾燥や節の状態など指定はさせてもらいましたが、予想以上にコンディションの良いものが入ってきました。
かくして、板塀の塗装はご家族&SEEDSで、前庭の植栽もご家族&SEEDSで施工。お施主様にとって、思い出になる出来事が詰まった住宅になったと思います。

  • 929
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 929
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード