レギンスが再ブーム中!ちゃんとおしゃれに見える着こなしのコツ2つ

2018年のファッションではレギンスが再ブーム中! 様々なカラーがあるレギンスですが、着こなし方を間違えてしまうと、ダサいコーデに傾いてしまうアイテムです。おしゃれに履くにはどうしたらいいの? そんなお悩み解決方法を、スタイリストの石川さんに教えていただきます。

  • 63104
  • 39
  • 0
  • いいね
  • クリップ

レギンスのおしゃれ見えする着こなしのコツ①1枚でも成り立つワンピ―スと合わせる

●リブスリットレギンスパンツ〔GU〕1,490円(税別)
●ポインテッドバレエシューズ〔GU〕1,490円(税別)
●エコファートートバッグ〔イマージュ/セシール〕5,389円(税込)

まずは、丈や色など、どんなレギンスが流行っているのかが気になりますよね?

「2018年はリブレギンスが流行しています。また、色は薄いグレーやベージュが人気です。今回は部屋着のように見えないスタイル(ここがポイント!)をテーマに、ご紹介しますね。」(石川さん)

さっそく石川さんに教えていただいたのは、ワンピースにレギンスを合わせた着こなしです。

「レギンスには、1枚でもOKなワンピースが合わせやすいです。ロング丈のワンピ―スにトレンドのリブレギンスを合わせることで、旬な着こなしになります。

ワンピースは、シフォン素材を選ぶと部屋着感がでにくく、おすすめです。」(石川さん)

ワンピースでも、素材をきちんと選ぶとおしゃれになる。このポイントは覚えておきたいですね♪

レギンスのおしゃれ見えする着こなしのコツ②お出かけ感のあるアイテムを取り入れる

●リブスリットレギンスパンツ〔GU〕1,490円(税別)
●ポインテッドバレエシューズ〔GU〕1,490円(税別)
●カシミヤタッチストール(チェック)〔GU〕1,490円(税別)

2つめは、レギンスにワッフル素材のワンピースを合わせた着こなし。1スタイル目と異なり、今回はストールを羽織っていますね。

「このスタイリングでは、とりわけ部屋着感があり、着るのが難しいワッフル素材のワンピースを選びました。お出かけ感を出すポイントとして、濃い色のワンピースを選んでいます。

また、柄物のストールを羽織ることもポイントです。ストール以外にも、マフラーやアウターでも合いますよ。

アウターの場合は、ライダースなど、ワンピースと異素材のものを選ぶと、部屋着らしさから離れることができます。」(石川さん)

お出かけの時に使うアイテムで部屋着感を減らせるのですね。これなら今すぐ試せるかもしれません。レギンスを履く際は、ぜひこの2つのポイントを思い出してくださいね♪

スタイリスト 石川ともみさんプロフィール

【石川ともみ(いしかわともみ)】
スタイリスト/ファッションディレクター
撮影スタイリングの他に、企業のファッション企画アドバイザー・メディアへの出演・パーソナルスタイリングを行う。

女優・タレント・広告のスタイリストアシスタントを経験したのち独立。資生堂主催のスタイリストコンテスト、BeautyStylistCupグランプリ。

・メディア NHK女神ビジュアル(番組企画監修含む)、日本テレビZIP!、J-WAVE TOKYO MORNING RADIO、読売新聞、anan、with、Steady 他


LIMIAからのお知らせ

【大人気】究極の暖かさと薄さで大人気《マジカルサーモ・フードコート》って知ってる?

  • 63104
  • 39
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード