シンプルな仕組みとお気に入りのアイテムで楽しみながらできる家計管理

皆さんは家計簿をつけていますか?私はレシートを貼るだけの管理や家計簿アプリなど色々試してみましたが、なかなか続きませんでした・・・。苦手なコトこそ、シンプルな仕組みとお気に入りのアイテムで♪「ご機嫌に」が 楽しみながら続けられるコツ!

  • 9734
  • 117
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは。
株式会社アンジェ・リュクス
ライフオーガナイザーⓇ
リユースマスターⓇの宮川なみ です。

収納・インテリアで暮らし最適化
あなたの暮らしが上質なものとなるようお手伝いしています。

皆さんは家計簿をつけていますか?
私はレシートを貼るだけの管理や家計簿アプリなど
色々試してみましたが、なかなか続きませんでした・・・。

最終的に行き着いたのはお金の出入りを全て細かく書かないという
「ざっくり袋分け管理」でした。

想定内の特別費をプールする

お給料が入ったら、カード支払い分、教育費、光熱費など
固定費をそれぞれの引き落とし口座に入金。

固定資産税や重量税、子供の夏季講習や合宿など
想定内の特別費はボーナスなどを利用してプールしておきます。

使っているのは無印良品のパスポートケース。

スライド付のクリアポケットが3枚ついているので
なんの為のプールなのか付箋に書いて一緒にいれています。

ここでも書類の管理同様、
兄弟で付箋の色(長男:青、次男:赤、三男:黄)を変え
視覚的にもパッと見て分かるようにしています。

蛇腹式のおしゃれなケースで袋分け

生活費として使える予算を4で割り1週間ごとに分け
以前は銀行に置いてある封筒を使っていました。

しかし、全くテンションが上がらない・・・。
全然楽しくない・・・。

そんな私がこれなら!と思ったのが
「Pavot/パヴォ レシートホルダー」です。

表は皮のような風合いで手触りがよく、
中は紙製の蛇腹式になっています。

使い勝手がよかったので、
後から仕事用にグレーを追加購入しました。

できるだけ1週間の生活費(食費&日用品&交通費)の
収支を書くようにしています。

「袋分け管理」の場合、
お財布に残ったお金でやりくりをすればよいので、
細かく家計簿を書かなくてよいのが楽チンポイント。

しかし、私の場合はお財布の中から自分のおやつとか
生活費以外のモノを支払ってしまいがち。
ごちゃまぜにならようにする為に書いています。

収支を書くと家族からの安易な請求を回避する効果も♪
「コンビニでなんか買っていい?出してくれる?」
こんな時も
「ほら、今週はあとこれだけしかないの・・・」
と見せることで子供達が素直に納得してくれます。

忙しくて書けない週があっても気にしません。
それぞれの仕分けポケットにレシートを入れておき
ひとまず1週間のやりくりができればOKなので
1週間経てば、そのレシートは処分します。

カード払いをしたときは、その金額を
ポケットに入れておけば支払時も安心。

封筒で袋分けをしていた時は
ひとつひとつ覗かなくてはならず面倒くさかったのですが、
これは1度に全体が見えるので楽チンです。

家計簿をつけるのはなんの為?

そもそも、家計簿はなんの為につけるのでしょう。

大切なのは、必要なところにちゃんとお金を費やせること。

将来どんな事をしていたいですか?
誰と何をしている時間が好きですか?

家族みんなでハッピーに暮していくためにも、
お金の流れは把握しておきたいですね。

なかなか続かないかたは、どこかに無理があるのかも。

苦手なコトこそ、シンプルな仕組みとお気に入りのアイテムで♪
「ご機嫌に」が 楽しみながら続けられるコツです。

*****************************************************
いかがでしたか?

収納・インテリアで
あなたのちょうどいい暮らしをみつけましょう。

(株)アンジェ・リュクス なみ でした♪

「収納とインテリアで暮らし最適化」を理念に
皆さんに楽しんでもらえるようなプラットホームとして
暮らし方提案の企画、セミナーなど開催しています。
是非、アトリエへお越しくださいませ。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 9734
  • 117
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

空間と思考の整理のプロ集団として、片づけのコンサルティングや作業サービス、インテリアコーディネートのご相談など承っております。片づけのプロの全国大会「片づけ大賞…

おすすめのアイデア

話題のキーワード