見える収納なら滑り止めシートにもこだわって。イケアの引き出しマットでモノトーンコーデが完成

滑り止めシート、というと普通は下敷きとして脇役になりますね。イケアの引き出しマット・ホワイトは、それが主役になるくらいの見た目良しデザインです。見せたい滑り止めシートとはどんなシートでしょう。

  • 32618
  • 49
  • クリップ

イケア・VARIERA(ヴァリエラ)引き出しマット

イケアの滑り止めシートには、透明とホワイトの2色があります。

こちらは透明タイプです。

今回使うのは、ホワイト。
白い色が付いています。

150㎝×50㎝サイズで399円。コスパもいいですね!

モノトーン収納にオススメ

透けて見えないので、ホワイトコーデやモノトーンコーデなどで統一している方は
あえて見える場所で使うのがいいですね。

我が家は食器収納がオープンなので、滑り止めシートが必要ですが
目線で見えない場所は透明タイプを使い
見える場所にはホワイトを使います。

一見すると白く見えますが実はこれ、裏です。

少しでも白く見せようと、フロアシートを反対にして敷いていました。

滑りやすいので、地震などで揺れた時に危険です。

早速、滑り止めシートを敷きます。

見た目も使い勝手も二重丸

せっかく敷いているので、フロアシートはそのまま活用し
その上に乗せていきます。

引き出しマットはハサミで簡単にカットできます。

真っ白な棚が出来ました。

見た目も良くなり、滑り止めの効果も加わって安心して
雑貨を置くことが出来ます。

遠目から見ても近くで見ても、モノトーンインテリアになりました。

いかがでしたか?

滑り止めシートでオシャレなモノはなかなか見つけられないので
見せたい収納の時は、滑り止めシートも気を配りたいですね。

棚板の色が気に入らない
モノトーンで揃えたい
というような場合は、透けないホワイトタイプがオススメです。

透明タイプとホワイトタイプ。
お好みで使い分けるといいですね。

見た目だけでなく、安全性を兼ね備えたシートをお使いください。

  • 32618
  • 49
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード