2018年秋冬☆ダウンジャケットを女性らしくきれいに着こなす為のコツ

究極の防寒着とも言われるダウンジャケットは、そのシルエットや見た目から、カジュアルでメンズライクな印象が強いもの。しかし! 実はきれいめスタイルにもすんなりなじんでくれるアイテムなのです。今回は、選び方や合わせ方のポイントを、2018年秋冬にオススメのダウンジャケットと共にご紹介します。

  • 4973
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【2018秋冬】きれいめダウンジャケット(合わせ方) ① レディライクとミックス

まずは、女性らしさをしっかりと感じられる着こなしが大切です。

上で紹介したように、ダウンジャケットは男性らしさやカジュアル感が漂うアイテム。同系の、キャップやワイルドデニム、ゴツめのブーツやスニーカーなどと合わせてしまうと、ダウンジャケットのマイナスイメージを助長してしまうことに繋がります。

レディライクな、アクセサリーや小物、ヒールのパンプスやブーツなどを合わせて、華奢な女性らしさをしっかりと取り入れるように心がけましょう。

【2018秋冬】きれいめダウンジャケット(合わせ方) ② 中はコンパクトに

また、ボリューミーなダウンジャケットは、インナーやボトムスをコンパクトにまとめてあげることが大切です。

タイトなすっきりパンツの他、スカートなどを合わせる際には、Iラインのすっきりシルエットを意識させるようにしましょう。

生地選びにもこだわり、ニットなどを選ぶ際にはなるべくごわつきの少ないものをチョイスするといいですよ♡

【2018秋冬】れいめダウンジャケット(選び方) ① サイズ選びがキモ

ダウンジャケットのサイズ選びでは、薄手のトップスを着た状態でぴったりなサイズを選ぶようにするのがマスト! 普段購入のアウターよりも、気持ち小さめかな? くらいがジャストサイズです! 着膨れせずにスッキリきれいな着こなしがかないます。

一見辛口なイメージのこちらのダウンジャケット。しかし、細身のジャストサイズを選ぶことで上品で女性らしい着こなしになっていますよね♡

【2018秋冬】きれいめダウンジャケット(選び方) ② ファー付きを選ぶのもGOOD

カジュアルでのっぺりとした印象になりがちなダウンジャケットですが、大きめのフードやファー付きのアイテムを選ぶ事で、華やかさをプラス。全体のシルエットにメリハリを付けてくれる効果もあります。

フードやファーが取り外せるタイプもあるので、ご自身のライフワークに合わせて選ぶといいですね。

こちらはファー&フード、どちらも取り外しが可能なジャケットの場合、フード無しでスッキリとさせれば、お仕事スタイルにもマッチ。

シーンに合わせて、フードのみをプラス、また別の日はファーを付けて華やかさをup! と様々なバリエーションで楽しめるアイテムです。

【2018秋冬】きれいめダウンジャケット(選び方) ③ ショート丈でバランスを取るのも手

背が低めの方や、スカートスタイルがお好きな方は、ショート丈のものを選ぶのもオススメです。

ボトムスとのバランスも取りやすくなる上、ダウンジャケットのボリューム感を感じさせずに、コーディネートに取り入れられます。

ロング丈では合わせにくかった、ワンピースやワイドパンツとも重ねやすくなりますよ。

なんだか全体のバランスが取れていないな……と感じた際には、オープンフロントで着るのもオススメ。よりスッキリとした見た目になります。

その代わり、アウターの利点である防寒性は低くなります。どちらを選ぶかは迷いどころですね。

いかがでしたでしょうか? カジュアルでメンズライクな印象のダウンジャケットですが、選び方や合わせ方を工夫すれば、きれいめスタイルにだってすんなりなじんでくれます♡ 2018年の秋冬の防寒アウターに! ぜひチェックされてはいかがでしょうか。


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 4973
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

やんちゃな男の子2人のママです(^^)  学生時代から読者モデルを中心に、ショーモデルやお天気キャスターなどで活動していました。お洋服のコラボレーション企画や、…

牧村麻美さんの他のアイデア

ファッションのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード