DIYで庭の花壇や土留めの石を据えてみましょう!

石を使った花壇作り方

  • 3984
  • 15
  • クリップ

お庭の花壇や段差の土留めといったら、コンクリートブロックやレンガ、枕木などが思い浮かべるかと思います。

ただ、最近は、それらのありきたりの素材を避けて、石を選ばれる方が増えてきました。

いろんな色の石がいろんなお店やネットショップで売られているので、自分の好みで選べて、自然素材そのままの石を庭で使える、というのがウけているようです。

そんな石ですが、扱いがどうもよくわからないという声をよく聞くようになりました。

そこで、簡単ですが、どのように石で花壇や土留めを作り上げていくのかを、以下に書いてみます。

今回は、弊社土場の砕石が山積みしてあるところを利用して、石を据えていきます

石は、弊社商品「トラステイ」どの石にも平らな面のある石で、積んでも張ってもいい石です
道具は、スコップがあればできますが、石を割るためのハンマーがあればなおさらいいです。
スコップで、石を並べたい場所を少し掘り下げて石を据え易くします
石の形状をみて、どの向きにするか決めます。
石同士、噛み合わせて据えますが、全ての面をきれいに合わせる必要はありませんが、ある程度、接地面が大きいと、石が動きにくくなります。
とにかく、第一に石が動かないようにすることを考えてください。そして、決まったら、棒状のもので、石と土の間を突いて、石が動かないようにしてください。
突き固める箇所があれば、全てついてください。
石同士、くっついた状態に並べるのがコツです。
今積んだ石の上にも石を据え付けましょう
隙間は、先程割った時にできた石を詰めてみましょう
石の中には、角が出っ張って、石同士うまく接しない石があるので、そんな時は、ハンマーで割ってしまいましょう!
石が割れました。
こんな感じに仕上がりました。

とにかく、あまり難しく考えず、石が動かないように据え付けることに気をつけて石を据えてみましょう。

おかしいと思ったら、簡単に崩して作り直せます。

ぜひ、石を使ってみましょう!



動画で、一連の流れが見られます↓

line(ライン)を使われてる方は、ぜひ、弊社の公式LINE@に「友だち登録」して、気楽に問い合わせしてみてください。

・スマホ、ケータイを使って、いつでもどこでも周りを気にせず、リアルタイムで1:1の問い合わせのやり取りができる。

・問い合わせで文字では説明しにくい時は、スマホ、ケータイで撮った現場や庭、家の画像を送ることができるので、スムーズにやり取りできる。

・弊社の商品や施工事例、日々の出来事などの情報がタイムラインで見られる。

よろしければ、「友だち追加」をタップ・クリックか、QRコードを読み込んでください。↓

通常のメールフォームでのお問い合わせはこちら↓

  • 3984
  • 15
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード