これだけで十分わかる!リフォームの費用相場を徹底まとめ

リフォームを考えるうえで重要なのが、リフォーム費用の相場。いくらで、どれくらいのリフォームができるのか、把握しておきたいですよね。ここでは、11種類のさまざまなリフォームにかかる費用の相場を紹介します。リフォームを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 31589
  • 63
  • 1
  • いいね
  • クリップ

リフォームで一番気になる「費用の相場」

リフォームを考えるうえで一番気になるのは、「どれくらいのお金がかかるのか」ですよね。

リフォームには多額の費用がかかるので、どれくらいのお金がかかるのか、気になるのは当然です!

理想のリフォームがあっても、費用の面から実現が難しい……。場合によっては、そういったケースも考えられます。

自分がやりたいリフォームができるかどうか、それはリフォームにかかる費用と密接につながっているということですね。

その中でも特に大切なのが、「リフォーム費用の相場」です。

リフォームの相場を知っておくことは重要

リフォーム費用にも、相場というものがあります。

「トイレの壁紙リフォームはだいたい~~円くらい」とか、「ベランダのリフォームはだいたい~~円くらい」といったように、リフォームする場所や内容ごとに、どれくらいの費用がかかるのか、おおよその金額が決まっています。

リフォーム費用の相場を知れば、プラスに働くことばかりです!

今後、リフォームとお金のスケジュール感を具体的にイメージすることができますし、相場を知っておくことで「悪質なリフォーム業者に騙されない」といったメリットがあります。

家のリフォームを考えている方は、リフォーム費用の相場を調べてから、リフォームのイメージを固めていくことをおすすめします。

リフォームにかかる費用の相場を11種類でまとめ

今回の記事では、リフォームにかかる費用の相場をお届けします。

マンションのフルリフォームやスケルトンリフォーム、減築リフォームなど、さまざまな場所や箇所、方法の相場を紹介しますので、きっとリフォームの参考になるはずです!

1.マンションのフルリフォームにかかる費用の相場

マンションのリフォームは、一戸建てのリフォームに比べると費用が安いといわれています。

その理由は、ベランダや外壁などの共用部分は、基本的に改修工事を行わないからだそうです。

およそ200万円~800万円の価格帯が費用の目安となっていて、相場の中心価格は300万円~400万円くらいです。

▶マンションのフルリフォームのポイント

✔ 相場の中心価格は300万円~400万円
✔ 水回りをフルリフォームは、最高で700万円くらいかかる

災害などによって補修のリフォームが発生した場合、もう少しお金がかかってしまうこともあります。

マンションのフルリフォームは、一戸建てに比べると安いものの、水回りのフルリフォームはそれなりにお金がかかるということを覚えておきましょう!

▽詳しくはこちら▽

2.スケルトンリフォームにかかる費用の相場

スケルトンリフォームとは、住居をいったん骨組みだけの状態にしてから行うリフォームのことです。

0から新しくリフォームをするので、間取りや内装などを自分の理想通りに作り上げることができます。

▶スケルトンリフォームのポイント

✔ およそ500万円~1,000万円くらいが相場
✔ 戸建ての場合は、1,000万円くらいが相場
✔ マンションの場合は、800万円くらいが相場

戸建てとマンションでリフォーム費用の相場が違います。

マンションのスケルトンリフォームでは、共用部分を改築することができないことから、戸建てに比べると200万円ほど費用が下がるようですね。

戸建てとマンションの違い以外にも、箇所や規模で費用が違うので、細かい部分はしっかりとチェックしておきましょう!

▽詳しくはこちら▽

3.ベランダ・バルコニーのリフォームにかかる費用の相場

ベランダやバルコニーのリフォームは、50万円以下で実現できるものが多いです!

内装のフルリフォームや、水回りのリフォームに比べて、費用を安く抑えられるのが特徴ですね。

ただ、増築のように規模の大きい工事をする場合は、100万円を超えるようなケースもあるので、その点はよく確認しましょう。

▶ベランダ・バルコニーのポイント

✔ 50万円以下でできるものが多い
✔ 増築に場合は100万円を超えることもある

防水加工やさび止めの処理くらいであれば、10万円~20万円ほどで済むかもしれません。自宅のベランダやバルコニーをよく確認してみてくださいね。

▽詳しくはこちら▽

4.減築リフォームにかかる費用の相場

リフォームには、増やす「増築リフォーム」だけでなく、減らす「減築リフォーム」もあります!

家族構成の変化やライフスタイルの見直しから、減築リフォームを考えている方も多いのではないでしょうか。

▶減築リフォームのポイント

✔ 部分的に撤去する場合は、100万~500万円
✔ 減築+フルリフォームの場合は、1,000万以上!

上記のポイントからも分かるように、減築とはいえ、通常のリフォームと同じように多額の費用が必要になります。

減築とフルリフォームを合わせて行う場合、1,000万円以上かかるケースも少なくありません。

また、大がかりなリフォームであれば、仮の住まいも用意しなくてはいけないので、その点も踏まえながらよく検討してみましょう!

▽詳しくはこちら▽

5.掘りごたつのリフォームにかかる費用の相場

家に和室を持っていたり、あぐらではなく椅子のように座れるこたつが欲しいという方には、掘りごたつのリフォームがおすすめです。

新しく掘りごたつを設置するリフォームでも、およそ30万円で設置することができます。

また、和室ではなく洋室に掘りごたつを導入するといった場合でも、40万~50万円ほどで実現ができます。

▶掘りごたつのリフォームのポイント

✔ 和室に新しく掘りごたつを作るなら、30万円くらいから
✔ 洋室に新しく掘りごたつを作るなら、40万円くらいから
✔ マンションなのか戸建てなのかで費用が変わる

戸建てかマンションかでも費用が変わります! マンションの場合は、床下の環境に大きく左右されるので、戸建てに比べると費用がかかるケースが多いみたいですね。

▽詳しくはこちら▽

6.トイレのリフォームにかかる費用の相場

トイレは毎日使うものです。今のトイレに何かしらの不満があるなら、早めにリフォームなどで対策をしたいですよね。

トイレのリフォームは、いくつかの種類に分かれます。壁紙の張替えのような内装系のリフォームや、便器を交換するといった規模の大きなリフォームまで、さまざまです。

特にお金がかかるのが、便器を交換する場合です。大規模な工事であれば、80万円以上かかることもあります!

▶トイレのリフォームのポイント

✔ 和式から洋式に変える工事は40万円くらい!
✔ かんたんな工事なら10万円くらいからできる
✔ 便器から内装までフルリフォームすると100万円を超えることも!

「和式から洋式に変える」リフォームは、トイレのリフォームでは一般的です。

かぶせるだけでかんたんに変えられるリフォームもありますが、本格的な工事を必要とする交換の場合、40万円くらいかかります。

どちらがいいのか、家族やお財布と相談してみましょう。

▽詳しくはこちら▽

また、トイレをバリアフリーにリフォームする場合は、減税措置を受けられる可能性があります。

リフォームにかかる費用を少なくするためにも、ぜひ活用しましょう。

7.収納リフォームにかかる費用の相場

「家に物が増えてきて、今の収納スペースじゃ足りなくなってきた……」

そんな悩みを抱えている方も多いかと思います。長く住めば、それだけ物も増えていくので仕方ないですよね。

そのような場合には、収納リフォームがおすすめです! 場所別のリフォーム費用をまとめましたので、参考にしてみてください。

▶場所別の収納リフォーム

✔ 玄関収納リフォーム:5万~100万円
✔ 押し入れをクローゼットに:3万~20万円
✔ 床下収納を増設:10万円

かんたんな収納リフォームであれば、比較的安い費用で改築することができます。本格的な工事が必要な場合は、100万円近く費用がかかることも。

自分にとって必要なリフォームをしっかりと考えてから、収納リフォームを取り付けましょう♪

▽詳しくはこちら▽

8.アパートのリフォームにかかる費用の相場

アパートを経営されている方に付きまとってくる悩みといえば、「部屋が埋まらない」ことではないでしょうか?

最近、アパートをリフォームして入居者をアップさせる大家さんが増えています!

内装や設備をリフォームして、ほかのアパートと差別化しているのですね。

▶アパートのリフォームのポイント

✔ 水回りなどは高いけど、内装は安くリフォームできる傾向にある
✔ 入居者にリフォームしてもらうという手もある!

やはり、水回りのリフォームはお金がかかってしまいますが、壁紙やフローリングなどの内装リフォームは、比較的安くリフォームすることができます。

内装は部屋の印象を大きく左右するので、思い切ってリフォームしてみるのもいいかもしれません♪

また、入居者にリフォームしてもらうという手もあります。費用は入居者にお願いするので、コストがかかりません。

入居者も自分好みの部屋にできるので、お互いの満足度は高いですよね。

▽詳しくはこちら▽

9.内装リフォームにかかる費用の相場

結論から言うと、内装リフォームにかかる費用の相場は、5万~20万円です。

ただ、これは部分的な内装リフォームなので、複数の空間をリフォームしようと思ったら、それだけ費用がかかります。

おすすめなのは、まとめてリフォームすることです!

部分的なリフォームを繰り返すと、全体的な雰囲気がばらばらになってしまったり、余計なお金がかかってしまいます。

まとめて行うことで費用も節約できるほか、雰囲気も統一できるのでおすすめです。

▽詳しくはこちら▽

10.窓を新設するリフォームにかかる費用の相場

「光を採り入れるために、窓を新しく取り付けたい」

そんな方もいるかと思います。自分の力では増築が難しいので、リフォーム業者にお願いされる方がほとんどですよね。

窓を新設する場合にかかる費用は、ガラスの種類や設置する場所で大きく変わります。

▶窓のリフォームのポイント

✔ 天窓などのように特殊なケース:50万円
✔ 室内に窓を設置:10万円

天窓のように、特殊な工事が必要なリフォームは50万円くらいかかってしまうこともあります。

風通しを良くするための小さな窓ぐらいであれば、もっと安い費用で取り付けることが可能なので、「自宅にどんな窓が必要なのか?」をしっかりと検討しましょう!

▽詳しくはこちら▽

11.壁のリフォームにかかる費用の相場

壁のリフォームは、2種類に分かれます。クロスを張り替えるだけのかんたんなリフォームと、壁材そのものを変えるリフォームの2つです。

▶壁のリフォームのポイント

✔ クロスを張り替えるだけなら4万~7万円くらいでできる!
✔ 壁材のリフォームは材質によって価格が違うけど、およそ10万円くらい

クロスの張替えについては、天井を張り替えなければその分安くなるので、もっと費用が下がるかもしれません。

また、壁を収納スペースに変えたり、壁そのものを撤去したりといったリフォームもあります。

これらの「壁を作る・取り去るリフォーム」は、10万円以上が相場となっています。

お金もかかりますし、大がかりなリフォームになるので、十分に検討してからリフォームに踏み切りましょう!

▽詳しくはこちら▽

リフォームの相場を知って理想のリフォームを叶える!

いかがでしたでしょうか? リフォームにかかる費用の相場を、場所や方法で分けた11種類にまとめて紹介しました。

どのリフォームにも費用の相場があるので、相場に合わせて理想のリフォームを考えることが大切です。

また、マンションなのか戸建てなのかといった住居の環境や、材質の選び方などでも費用は変わってきます。リフォーム業者と相談する際は、その点も詳しく聞いてみるといいかもしれませんね♪

ぜひこの記事を、理想のリフォーム実現に役立ててください!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 31589
  • 63
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード