インテリアに使われるシェルって一体どんな貝?

シェル(貝)を使ったインテリア。リゾートライクなコーディネートに使われたり、海辺のシーサイドスタイルに使われたり。雰囲気作りにも役立つシェルですが、シェルって言ってもどんな貝なの?などなどシェルにまつわる疑問にお答えします。

  • 4380
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

シェルって言ってもどんな貝なの?

KAJAで人気のシェルを使った照明やインテリア雑貨。

このインテリアに使われるシェルは、カピス貝という種類の貝殻です。

カピスはフィリピンの町の名前で、その町の近郊でよく獲れたからその名がついたと言われています。

今でもフィリピンの古い家の窓に、カピス貝が使われていることもあります。

ガラスの代わりにシェルを使っていたのです。

薄くて平らな貝殻なので、加工しやすく古くからインテリアに使われてきました。

フィリピンにしかないの?

フィリピン産が有名ですが、カピス貝自体は、アデン湾やインド周辺、マレー半島など熱帯の浅海に広く分布しています。

KAJAで使用しているのはインドネシア産。

フィリピン産のカピス貝より厚みがあり、インテリアにより映えます。

どうやってインテリアになるの?

ガラスや加工品とは異なる自然の透明感が魅力のシェルですが、獲れたてはまだ透明感が低い状態。

シェルの損傷を減らすために、自然乾燥して貝殻を開くため、少し乾燥気味です。

これらを磨き上げることにより、美しい透明感が出てきます。

ホワイトとゴールド、色の違いは、シェルの性別によるそうです。

KAJAでは、このカピス貝を使って、職人がひとつひとつインテリア雑貨や照明を作り上げています。

どんなインテリアに使われているの?

KAJAで一番人気なのが、このシェルフラワーランプ。

シェルを花びら状にデザインしたロングセラーのペンダントランプです。

フロアランプも同じくシェル素材。

こちらは、合わせやすいスタンダードなデザインのラウンドランプ。

重なるようにして、形作られるシェルの破片は自然なムラを作り出し、ナチュラル素材ならではのやさしい風合いを感じさせます。

ソープディスペンサーやソープディッシュなど、洗面まわりを彩るシェル雑貨。

シェルの上品な光沢がリゾートライクな演出にぴったりです。

ガラスや加工品とは少し異なる、カピス貝の透明感と自然な光沢。

それがインテリアに溶け込むことにより、リゾートライクで心地よいインテリアが実現します。

天然の貝を使ったインテリア小物や照明。

お部屋に取り入れてみませんか。

  • 4380
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

「リゾートのように暮らそう。」をコンセプトに、アジアの伝統的な技術と西欧的感性を掛け合わせた家具・雑貨を展開するインテリアショップ「KAJA」。明るい太陽と自然…

おすすめのアイデア

話題のキーワード