理想のキッチン見つけた!最新キッチン《STEDIA》の魅力を人気インスタグラマーが徹底解剖♪

今のキッチン、なんだか使い勝手が悪いような気がするし、デザインもイマイチ……と、お悩みを抱えていませんか? DIYでお部屋をステキにチェンジした、インテリアの達人asasaさんでさえ、そんなお悩みを抱えているひとり。そこで、理想のキッチンの姿を明らかにするため、asasaさんは“とある場所”へと向かいました。その場所とは……?

クリナップ
  • 38764
  • 203
  • 0
  • クリップ

asasaさんが思う理想のキッチンとは?

建売のおうちを、DIYでおしゃれなインテリアに変身させているasasaさん。まずは、普段のキッチンのお悩みについて伺いました♪

「今住んでいる家は建売なので、キッチンの仕様は色と高さしか選べなかったんです。機能面は、最初からそういうものだと思って割り切って使っていましたが、お部屋のインテリアを自分好みに変えて行くうちに、キッチンのツルツルしたテクスチャーがどうしてもお部屋に合わなくなってきてしまって。もっと選択肢があったらな……という思いがありました」

そんなキッチンのデザイン性が気になっていたasasaさんは、DIYでキッチンを丸ごと模様替えしたそう。

「キッチンの面積ってわりと広いんですよね。自分で壁紙を貼ってキッチンを模様替えしたときも、部屋全体の雰囲気がガラリと変わって、見栄えが良くなりました。ただ、自分で貼った壁紙だと汚れや剥がれが気になるし、メンテナンスも大変。元からキッチンのデザインがステキだったらいいなって思いますね」

そんなasasaさんが向かったのは、来年創立70周年を迎える〔クリナップ〕の新宿ショールーム。35年ぶりにメインブランドを刷新し、公開されたての最新キッチン《STEDIA(ステディア)》を体験してもらいました!

《STEDIA》が誇る、豊富なデザインパターン

ショールームに訪れたasasaさんがまず見つけたのは、ナチュラルな木の質感がステキなこちらのキッチン。

「天然木みたいに自然で、マットな質感がいいですね。カフェ風のインテリアに合いそうです!」

と、asasaさんもそのデザイン性の高さにびっくり。新登場の《STEDIA》が目指したのは、「インテリアに調和するキッチン」。従来から力を入れていた機能性はもとより、デザイン性も重視することで、家具調のキッチンに進化しています。

扉のカラーは全部で38種類と豊富で、取手も8種類から選ぶことが可能。さらにワークトップも、機能が異なる3種類から色や模様を選び、組み合わせることができるんです♪

「幅広くデザインが展開されているので、自分仕様にカスタマイズできるのがうれしいですね! こちらのデザインは、外から見ると取手がついていないので、リビングのインテリアにもなじみやすそう♪」

と、早くもテンションが上がるasasaさん。

キッチンに合わせた「カフェスタイル収納」は、オープン棚を組み合わせてこだわりのお皿やかわいいオブジェなどを置けるディスプレイスペースとして活用できます。

「取手レスの収納扉は、軽く押せば簡単に開くので、スマートですね。これだけデザイン性が高ければ、キッチンがリビングで大きいスペースを取っても良さそう……!」

キッチンの裏側に回ると、収納の引き出しに、アンティーク調の取手がついていることを発見。

「エイジング加工がされている取手があるとは驚きです。風合いがあっていいですね」

取手は、全て同じ風合いにならないよう、傷っぽい質感にムラができるよう工夫されていて、デザイナーのこだわりを感じます。

マット加工を施した『ブルードゥパリ』のカラーがasasaさんのお気に入り!

ここで、豊富な扉のデザインの中から、インテリアの達人asasaさんが気に入ったデザインと、そのポイントを教えていただきました!

「まず、ぱっと見でかわいいと思った扉が、『ブルードゥパリ』ですね。マットな質感のブルーグレーは今一番気に入っている色なので、キッチンがこの色だとテンションが上がりそうです♪」

『ルサックヘリンボーン』は、近くで見ても風合いバッチリ。長く使いたいデザインです。

「じっくり見た後で一番いいな、と思った扉は『ルサックヘリンボーン』です。手彫りのような風合いも良いし、インテリアの趣味趣向が変わっても飽きない大人のデザインだなと思います」

キッチンインテリアで、今まさにリバイバルで流行っているのが、框(かまち)の扉。囲み枠でつくられた扉と、ヘリンボーン風の凹凸感ある模様の組み合わせで、海外のキッチンスタイルのような、おしゃれな印象に仕上がります♪

毎日使うキッチンは「お手入れのしやすさ」も見逃せない!

「キッチンって毎日使うものだから、清潔にするように心がけているんですけど、レンジフードなんかは見えにくいからつい放置してしまって……いざ掃除しようとすると結構汚れがたまっているんですよね」

主婦として毎日料理をしているasasaさんからは、キッチンのお掃除に関するお悩みも。《STEDIA》にはそんなasasaさんの悩みにぴったりの「洗エールレンジフード」という機能が搭載されています。なんと、自動でレンジフードを掃除してくれるんです!

まず、レンジフードの汚れがたまると、自動的に「洗浄」の表示が現れます。そうなったら、レンジフードに備え付けられているタンクにお湯を入れてセット。

「汚れが溜まってからレンジフードを掃除すると、時間もかかるし、水や洗剤もたくさん使ってしまうんです。これなら使う水は少量で済むし、洗剤も使わなくていいのでエコですよね」

ボタンを押して、洗浄スタート。

「洗っているときの音も意外と小さいですね!」

動作音も気になりにくく、10分であっという間に洗浄が完了。使い方にもよりますが、洗浄のタイミングはだいたい2ヶ月に1回訪れるそう。自動でアシストしてくれるので、負担なくこまめにきれいにすることができ、ファンの機能も長持ちするんだとか。

引き出しの中までステンレス製なことに注目するasasaさん。

キッチンを見ていく中で、引き出しを開けたasasaさん。不意にあることに気づきます。

「あれ? 中身がステンレスですね」

実は《STEDIA》は、水や油汚れ、熱に強い「ステンレスキャビネット(ステンレスの躯体)」を標準搭載。湿気の多いキッチン周りに発生しやすい、サビやカビ、匂いの防止に、ステンレス素材が活躍します。

「見えないところだけど、長く使うものだから大事ですよね」

キッチンを購入する機会は、一生のうちにそう何度も訪れるものではないもの。見えないところにもこだわった、いつまでも美しく、耐久性のあるキッチンを選びたいですね。

使う人の動線を考えた、高い収納性にも注目!

「デザインの良さやお掃除のしやすさががわかると、使い勝手の良さも欲張りたくなりますね」

とasasaさんが言うように、キッチン動線も大切ですよね。毎日のお料理をストレスなくスムーズにするポイントは、やはり収納にあるようです。

「うちはそこまで調理器具や食器が多いわけではないですが、手の届きにくいところに収納してしまうと、全然使わなくなってしまうし、存在そのものを忘れてしまうこともあります(笑)」

手前にちょっと引くだけで、フライ返しやフライパンをさっと取り出せます。

《STEDIA》の収納は、調理道具の70%を手が届くエリアにしまうことができ、使用頻度の高いものをすばやく取り出せるように工夫されています。さらに引き出し手前のツールボックスによって、最低限の調理道具や調味料のボトルなどの出し入れが可能に。

「コンロキャビネットの引き出しを軽く開けて、調理道具を取り出して……これなら、2ステップですぐに調理が開始できます! 引き出しを全部開けなくていいから、ストレスフリーで朝ごはんも手軽にササっと作れそうですね♪」

《STEDIA》の魅力をショールームで体感しよう♪

デザイン性の高さや、お手入れのしやすさ・耐久性、家事動線を考えた収納など、キッチンに求める理想が詰まった《STEDIA》に大満足の様子だったasasaさん。

そんな《STEDIA》のキッチンは、全国に展開するクリナップのショールームに展示されています。お近くのショールームで《STEDIA》を実際に見て触って確かめて、自分好みのキッチンを見つけてみませんか?

  • 38764
  • 203
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ