【DIYレシピ】SNS映え間違いなし!おしゃれで使い勝手バツグンな《カッティングボード》を作ろう!

DIYで叶える“カワイイ”を厳選ピックアップ!
今回はさまざまなシーンで活躍するおしゃれなカッティングボードの作成に挑戦!
自宅のキッチンで使うのはもちろん、アウトドアのシーンでも活躍します!
普通のカッティングボードとは違いレタリング(手書きで仕上げる)によって、おしゃれ度がアップ!SNS映え間違いなしです!

  • 2869
  • 28
  • 0
  • クリップ

レタリングでオリジナルのカッティングボードを作る!

今回作る《カッティングボード》は、和信の水性ウレタンニスで仕上げをします。食品衛生法に適合しているため、乾燥後はもちろん食器として食卓で使用でき、お子様のおもちゃにも使えるんです。
しかもこの水性ウレタンニスは臭いが少なく、扱いやすい水性の塗料だから安心です!ジグソーやトリマーなど、さまざまな道具を使って、いつものドライバーとは違う機械に触れることによって、仕上げの違いや、カッティングボード自体の面白さを体感して頂けるはずです。

作り方はこちら!

【1】木材のカット(サンディング)
まずは型をつかって墨付けをして、お好みの形に型どりをします。用途に合わせてお好みの形にアレンジをしてみてくださいね♪ジグソーで型どりに沿ってゆっくりとカットしていきます。

カットできたら切断面を粗目のサンドペーパーで整えていきます。次に、トリマーを使い面どりします。面どりができたら柄の部分に穴をあけましょう。ある程度整ったら仕上げのサンドペーパーで全体をサンディングしていきましょう。

【2】塗装
全体をウレタンニスで塗装していきます。最初は一度塗りでOKです。塗料が乾いてきたら耐水ペーパーで塗装表面を滑らかにしていきましょう。ポイントは耐水ペーパーで塗装表面をなでるようにサンディングするのがコツです。

【3】レタリング
自分でそのまま描いてもOKですが、うまく描けるか不安…という場合は、お好みの絵やロゴを用意して、カーボン紙を使ってカッティングボードに写し取りましょう。緊張する瞬間だと思いますが、ゆっくりと落ち着いて書けばきっとうまくいきますよ♪写し取ったらホビー用の筆で色付けをしていきましょう(塗料はチョークボードを使用します)ポイントとしては絵や文字の輪郭を描いてから中をつぶすときれいに仕上がります。

描き終わった絵やロゴが乾いたら、最後に上から水性ウレタンニスでコーディングしましょう♪

完成です! おしゃれに仕上がりました♪

使ったアイテムはこちら!

主に木材、塗料、道具をそろえればDIYできます。道具は一式そろえておけば、他のDIYでももちろん使うことができますよ!

【木材】
・アカシア集成材(910×15×250mm)1枚

【塗料】
水性ウレタンニスつや消し130ml 1本
チョークボードペイント黒板塗料 黒 170ml 1本

【道具】
ジグソー、ホビー用筆
トリマー(トリマビット・ボース面25m/m)
空研ヤスリ#80、空研ヤスリ#240、耐水ヤスリ#1500

Let's エンジョイ DIY!

いかがでしょうか。わずか3STEPでおしゃれな《カッティングボード》が完成しました。ぜひ皆さんもチャレンジをしてみてくださいね♪

〔エンチョー〕では、DIYが好き、DIYに興味を持っている女性の皆さんのために《DIY女子倶楽部》を実施しています。自分好みの小物を作りたいけど、材料はどれにしたらいいかわからない、道具はどうやって使ったらいいのか?そんな方たちを《エンチョー》はお手伝いします。DIY仲間も増えますよ!まずはお申し込みを!

  • 2869
  • 28
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード