子どもの宿題管理&約束事に。ウッドフレーム黒板で楽しく、見やすく!

ウッドフレーム黒板を使った子どもにもおすすめのTODO管理です。

  • 58611
  • 162
  • クリップ

子どものやる気を少しアップさせる特別感。

今回使用したのは、キャンドゥで購入した「ウッドフレーム黒板」と、蛍光ブラックボードマーカー。

他の100均でも類似のアイテムが発売されているので、比較的見つけやすい商品だと思います。

これを使って行いたかったのは、子どものやる気アップ作戦。

今回は、子どもの宿題などへのやる気をアップさせたい方、約束事やちょっとしたメモを見やすく少しだけオシャレにしてみたい方におすすめの、ウッドフレーム黒板を用いた方法のお話です。

方法は簡単。書くだけです。

でも、メモ帳やノートなどの紙ではなく、ホワイトボード×マーカーでもなく、黒板×チョークでもない、黒板にマーカーで書くという今までしてこなかったアイテムを使用するだけで、宿題をするという、今まで面倒だった行為が少し楽しくなるんです。

もちろん年齢や性別によって効果は変わると推測しますが、我が家の娘は5歳。ばっちり効き目がありましたよ。

こんな風に宿題の内容を書くだけ。

宿題をする場所に立てて置いておくだけで、自然と取り組んでくれるようになりました。

5歳くらいの年齢なら、絵を描いて促すのもいいですね。宿題以外にももちろん使えます。

約束事や、予定管理にも。

様々なことに使えます。

ウッドフレームなので、インテリアの邪魔をあまりすることなく目立つところに置いておけますよ。

消すときは簡単。

水を絞った布などで拭けば、元通りになります。ウェットティッシュで拭くこともあります。

家族の週末の予定を書いたり、就寝後に帰宅するパパへの子どもからの伝言を書いたりするのもいいですね。

少しだけ注意点。

書くスペースが限られているため、簡潔に書くことが大切です。

見やすさもあるので、2枚目の写真くらいの文字の小ささが限界かもしれません。

また、今回使用したブラックボードマーカーは、水性顔料を使用しています。

衣服につくと落ちなくなる恐れがあるので、お子様の使用には充分注意することが必要です。

まとめ

キャンドゥのウッドフレーム黒板を用いた、子どものTODO管理について掲載いたしました。

初めは宿題へのやる気アップ作戦として導入したこのウッドフレーム黒板。

現在では宿題管理だけではなく、小児歯科への通院日時など、子どものスケジュールを子どもに把握してもらうためのものとしても使用しています。

自分の手帳を持つという習慣まではまだ先の年齢ですが、その簡易版として、可能な範囲で自己管理をするためのツールとして役立っています。

パッと目につくところに置いておくことで、子どもはもちろん他の家族もメモを共有でき、ちょっとだけママの負担が減ったりなんて嬉しいことも期待できますね。

  • 58611
  • 162
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード