【連載】洗濯物をお湯洗い!ほんのひと手間でアイロン要らずの仕上がりに!

パリッと糊のきいたワイシャツが好きな人もいれば、ソフトな着心地を好む人もいます。洗濯後のアイロン掛けが好きな人も嫌いな人も、このひと手間でラクになること間違いなし。ポイントは「1分」です!

  • 37239
  • 203
  • クリップ

アイロンかけ

アイロンのかかったさらっとした衣類は
着ていても気持ちが良いですね。

ヨレヨレだった素材に元気が宿ったように
ピンとしわが伸びていく様は
掛けていても気持ちが良くなります。

ただ、私はアイロン掛けが下手で
ワイシャツの肩あたりが上手くかけられず
時間ばかりかかっていました。

最近は、形状記憶の素材で出来ているワイシャツが増えてきたので
アイロン要らずの洗い上がりを追及しています。

お湯で洗うと素材が柔らかい

最近の洗濯機は、水を温水に変える機能が付いている機種があるようです。

また、お湯洗いだと汚れ落ちが良いと
洗濯王子の中村祐一さんも推奨されています。

我が家の洗濯排水設備は、お湯も出せる混合栓なので
この度、お湯で洗ってみることにしました。

実は、洗濯機の設置で水の弁だけが開かれており
お湯の方は閉められたままでした。

水しか出ないものと思い込んでいましたが
しっかりお湯が出ます。

我が家は粉石けんを使っているので、洗剤もお湯の方が溶けやすいですよね。


汚れ落ちの良さももちろんですが
実は、取り出したときの洗濯物の柔らかさが違うのです。

水の時は固かったワイシャツですが、お湯だとふんわり柔らかいのが印象的でした。

脱水は「1分」で!

脱水時間を選べる場合は、ぜひ「1分」にセットしてください。

ワイシャツやハンカチ、ニットなど
しわをつけたくない衣類を
1分のブザーと共に一度取り出します。

そして、残った衣類は6分に設定し直して脱水を続けます。

取り出すというひと手間がかかりますが
これがアイロン要らずのポイントです。

他の洗濯物と一緒に6分後に取り出すと
しわがきつく付いてしまって
干して乾いたときにヨレッとなってしまうのを防ぎます。

干す時は降って伸ばして引っ張って

干す時は、振って伸ばして引っ張ります。

繊維をしっかり伸ばすことで、この時点でアイロン要らずの仕上がりになります。
乾いた後は、ソフト仕上げのようなふんわり感が手に入ります!

ハンカチは畳んで形を揃えて干すことで
畳む時間も節約できます。

脱水時間が1分と短く、十分に水分が残っているので
繊維を引っ張った時に、柔軟に伸びてくれます。

水分が少なくなってからだと
しわが付いてしまっているので引っ張って伸ばしても
なかなか取れないのです。

いかがでしたか?

夏の暑い時のアイロン掛けは、本当に大変です。

こうして洗い上がりのしわをなくしておけば
アイロンをかける時も、無理にしわ伸ばしする手間が省けますよ。

脱水時に一度取り出すだけで、仕上がりに差が出ます。

ぜひお試しください。

  • 37239
  • 203
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード