「暑い」「寒い」を賢く解消!気持ちいい住まいのカギは○○○だった

家族が過ごす住まいは、いつも快適に保ちたいですよね。特に子どもがいる家庭なら、室内の温度調節に気をつけてあげたいものです。実は、家づくりの際に「窓」にこだわることで、夏涼しく冬あたたかい快適空間にすることが可能に。しかも、冷暖房費を大幅に節約できる可能性もあるんです。

YKK AP
  • 44930
  • 275
  • 2
  • クリップ

暑さ寒さの原因のほとんどは「窓」

住まいの熱の伝わり具合を見ると、いちばんの弱点といえるのが「窓」。一般的なアルミフレーム(複層ガラス)窓の場合、夏に室内に流れ込む熱の約7割が窓から伝わり、冬に暖房であたためた熱の約5割が窓から失われます。これではいくら壁や天井などに断熱材を入れ、冷暖房をかけても快適さをキープするのは難しいでしょう。

熱の出入りを抑えて快適な空間に

「暖房をつけても足元がスースーする」「冷房をつけたのになかなか冷えない」。そんな経験がある人も少なくないのでは。だからといってエアコンなどを強くかけすぎると、冷暖房費がかさんでしまうのが悩ましいですよね。

冷暖房の効率を上げるカギは、住まいの内と外で熱の出入りを少なくすること。こうすることで、夏場の暑さが室内に侵入するのも、冬場の暖房であたためられた熱が逃げてしまうのも抑えられます。

省エネ&快適な窓の秘密

そのためには、断熱性の高い窓にするのがいちばんの近道。住まい全体の断熱性がグッと向上します。最近では、特に性能が優れた「樹脂窓」が人気を呼んでいるんですよ。

国内最高レベルの断熱性能がある〔YKK AP〕の樹脂窓《APW 330》を例に、年間の冷暖房費を見てみましょう。

上のグラフは、東京でエアコンの温度設定を冬24℃、夏25℃にした場合のデータ。通常のアルミフレームの窓(複層ガラス)と比べると、年間約14,000円もお得なことがわかります。これは見逃せませんね。

樹脂フレームとLow-E複層ガラスで結露を抑える

《APW 330》の大きな特長は、「樹脂フレーム」と「Low-E複層ガラス」を採用していること。「聞き慣れない専門用語を出されても……」と、とまどう方も多いかもしれませんね。

まずは「樹脂フレーム」について説明します。樹脂はアルミに比べて熱伝導率が約1000分の1なので、暑さ寒さの影響を受けにくいんです。

次に「Low-E複層ガラス」ですが、2枚のガラスの間にある空気層と、ガラスの内側に施した金属膜コーティングが熱の伝わりをセーブするスグレモノなんです。

「Low-E複層ガラス」には、日射熱を遮り冷房効果を高める「遮熱タイプ」と、冬の暖房効果を高める「断熱タイプ」があり、住まいの環境に合わせて選ぶことができるのもうれしいですね。

上の写真を見てください。左のアルミフレームの窓はフレームにもガラスにも結露していますが、右の《APW 330》はフレームにもガラスにも結露がありませんよね。《APW 330》は「樹脂フレーム」と「Low-E複層ガラス」のダブル効果で熱の伝わりを抑えるので、一般的なアルミフレームの窓に比べて断熱性が高く、カビやダニの温床になりやすい結露を防ぐ効果があるんです。

あたたかさをキープし、足元が冷えにくい

樹脂窓は、暖房であたためた部屋の空気が外に逃げるのを抑えてくれるだけでなく、窓辺で冷やされた空気が下降気流となって足元にながれてたまり、足元がスースーする「コールドドラフト」という不快な現象を抑える効果もあり、冬場の室内が快適になります。

冬場に心配なのが、「ヒートショック」。これは、あたたかいリビングから寒いトイレや浴室に移動するときなどに、血圧や脈拍が大きく変動する現象です。でも、窓を高断熱化しておけば住まいの温度差が少なくなり、冬場の健康リスクを減らす効果も期待できます。

豊富なカラーでコーディネートが楽しめる♪

すみずみまでこだわりが行き届いた住まいにしたいなら、トータルコーディネートに気を配りたいもの。《APW 330》のフレームは内観4色、外観6色から好みに合わせてコーディネートできます。すっきりとしたシンプルなデザインなので、家の外観や室内のインテリアに美しく調和。木目調カラーの「ブラックウォールナット」と「チーク」は天然木に近い自然な質感が味わえます。

住まいの断熱性は室内の温度や快適さに大きな影響を与えます。そして、そのカギを握る重要なパーツが窓なんです。「樹脂窓」を取り入れて、もっと居心地の良さをアップしてみませんか。

※算出条件はYKK APのホームページをご覧ください。

  • 44930
  • 275
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード