DIYで変幻自在。100均アイテムとダンボールで収納からインテリアまでを完全攻略!

「段ボール」はDIYerにとってはお宝のような万能材ということをご存知ですか? 100均でも購入できますがスーパーで無料でもらえる場合も。段ボールと100均アイテムたちを駆使すれば、DIYのバリエーションは変幻自在。今回は、段ボールと100均アイテムを活用したアイデアをまとめてご紹介します!

  • 44329
  • 292
  • 0
  • クリップ

ダンボールを変身させる最強ツールはリメイクシート!

丈夫で軽い段ボールは、暮らしのさまざまなシーンに大活躍してくれる優秀アイテム。DIYerにとってはまさにアイデア次第でいく通りのデザインや使い方ができる万能アイテムなのです。

そんな段ボールはそのまま使うのはちょっと味気ないですよね。そこでおすすめなのが「リメイクシート」です。さまざまデザインのリメイクシートは、貼るだけで表情が変わり、元が段ボールとは思えない姿に大変身!

100均でもいろいろなデザイン、素材があるので、インテリアに合わせたリメイクシートを選んでくださいね。

▼詳しい記事はこちら▼

ダンボールがおしゃれ収納BOXに大変身!

段ボールの用途の中でもっとも多いのが「収納」ではないでしょうか。衣類やおもちゃ、本など普段使わないものを入れて押し入れやクローゼットにしまっている方も多いことでしょう。

でも、そのまま収納するのはちょっとナンセンス。そこでLatanさんは、〔ダイソー〕の《インテリアシート》を使っておしゃれにアレンジ!

100均やホームセンターで購入したポリエチレンボードを ダンボールの片面サイズにカット。約半分はクリーム色にペイントし、残りの部分に〔ダイソー〕のインテリアシートを貼ります。白い部分には収納するアイテムを書き入れておきましょう。

あとはダンボールの正面に両面テープでペタっと貼るだけ。見える部分だけでOKなので、とっても簡単ですよ。

▼詳しいアイデアはこちら▼

カラーボックスも、ダンボールでアンティーク調に

段ボールに並んでDIYerに人気なのがカラーボックス。収納はもちろん、アイデア次第でテーブルやカウンターにもなる万能アイテムです。

そんなカラーボックスと段ボールを組み合わせたのがこちら。カラーボックスに扉をつけたアイデアです。

用意するのはすのこと段ボール。まずはカラーボックスの大きさに合わせて段ボールをカットします。横幅はすのこの長さに合わせ、縦幅は大きめに。すのこもタテの長さはダンボールに合わせましょう。

ダンボールにお好みでリメイクシートを貼り、その上にボンドを塗ったすのこを置いて、乾いたら裏からきちんと固定。蝶番でカラーボックスに付け、取っ手を付けたら完成です。

道具はすべて100均で揃うので気軽にできるのもいいですよね! ぜひ挑戦してみてくださいね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

【収納上手】生活感を見せない!カラーボックスに扉をつけておしゃれに変身させるワザ

収納として機能性も高く、大人気なカラーボックス。でも扉がなくて生活感が出てしまうのが少し残念ですよね…。そんな悩みを解決するために、カラーボックスに扉を取り付けるアイデアをご紹介します!ここでは扉の取り付方法やDIY、カラーボックスリメイクの方法まで幅広くご紹介します。ぜひ参考に挑戦してみて下さいね!

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部

同じ箱なのに!ここまで違う、ダンボール収納DIY

キッチンにある大型収納棚は、ほとんどがダンボール箱を利用した収納というparadeさん。箱の中を仕切ったり、箱のサイズを棚に合わせたり、100円ショップのファイルを使ったり、ちょっとした工夫をされているとのこと。

まずは〔コクヨ〕の収納ボックス《NEOS》。さすがは文具メーカー。しっかりした作りの箱になっているそうです。シックはマットブラックも素敵ですね。

こちらは〔セリア〕の段ボール。ステンシルで文字を入れて、中身がわかるようにしているそうです。文字が入るだけでおしゃれな印象に。

棚の一番下は引き出し収納。実はこれも段ボール箱を使った収納なのだとか! 段ボールに薄い合板を貼り、取手を付けることで取り出しやすくしたというわけですね。

普段使うものや、紙袋、レジ袋などをポイポイ収納いているparadeさん。合板のサイズを棚の高さに合わせることで、中身が見えないし、ホコリも入らないのでとっても使いやすいそうです!

▼詳しいアイデアはこちら▼

☆収納☆我が家のダンボール箱収納☆簡単DIYでちょっと便利に☆ポイポイ収納で見た目スッキリ☆

我が家のキッチンにある大型収納棚は、ほとんどがダンボール箱を利用した収納。 最近は軽くて丈夫でオシャレなものがいろいろありますよね♪ 細かく仕分けするのは大変だし、片付けることにストレスを感じるのもイヤ…(-_-) そんな方にはポイポイ収納(^o^)/ 片付けは簡単に、見た目はスッキリ! 大雑把な収納でも、箱の中を仕切ったり、箱のサイズを棚に合わせたり、100円ショップのファイルを使ったり、ちょっとした工夫で、ごちゃごちゃした物が片付けられますよ♪

parade

サボテンオブジェをダンボールで!?

段ボールは収納だけじゃない! なんと、おしゃれなオブジェにもなっちゃうんです。そんなアイデアを紹介してくれるのはKaneyukiさん。工作感覚でとってもキュートな柱サボテンをDIY!

ダンボールを切り開き、折り目のところを利用して大まかな形を描いたらカッターで切り取ります。あえてぐにゃぐにゃさせることリアルな感じが出るそうです。

同じものを3枚作って谷折りにし、グルーガンで貼り合わせます。大きさ違いで3つ作ったら、色を塗っていきます。


緑が乾いたら白のアクリル絵具で点々を付けます。サボテンの山のところに生えている白いひげみたいなのを表現しています。

鉢に根元をココナッツファイバーを入れてサボテンオブジェを固定させれば完成! 段ボールとは思えない完成度の高さに驚きですね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

生活感は徹底排除! ごちゃっとルーター目隠し術

ルーターやコードがごちゃつきがちなパソコン周りを段ボールのファイルボックスを使っておしゃれに目隠しする、Mi_naさんのアイデアをご紹介。

今回はルーターをすっぽりカビせるため、斜めにカットされていない箱タイプを選んだとのこと。Mi_naさんがチョイスしたのは〔セリア〕のもの。デザインもモノトーンがおしゃれなのでそのまま使っているそうです。

▼詳しいアイデアはこちら▼

子どもがよろこぶ、おままごとキッチン制作!

子どもっておままごとが大好きですよね♪ おもちゃ屋さんで売られている本格的なミニキッチン顔負けのおままごとキッチンを段ボールで作ったmai*さん。ママの愛情たっぷりのアイデアを見ていきましょう!

一見、本物の木? と思える正体はリメイクシート。キッチンの形に段ボールを組み立てたら表面に貼っていきます。

ポイントは「板の幅を統一にする」。リメイクシートは1枚に板壁の模様がキレイにプリントされていますが、それをあえて板1枚1枚になるようにカットしたそうです! ここまでこだわるからこそ生まれたリアル感。お子さんも大喜びですね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

ダンボールを使っておままごとキッチンを作ってみよう!

我が家は1人息子で、おままごと用のキッチンを木で作ってあげたいけど、 そこまで遊ばないかもしれない。必要ないかもしれない。... いや!それだけじゃなくて、木だと費用もかかるし、重たいし、捨てるのも大変だし...。 それなら購入しようか...。いやいや!そこまで費用はかけられない!と思い、ダンボールで作ることにしました。

mai*

段ボールは秘密基地♪

猫が段ボールを見ると入らずにはいられないように、小さな子どももまた、押し入れの秘密基地のような感覚が大好きですよね! そんな子どもの憧れを叶えたのはぴこはんさん。

天窓まで付いた本格的な隠れ家! ひょっこり覗くお子さんの喜んだ顔が目に浮かびますね。

スーパーや八百屋さんなどで無料でもらえることもある段ボール。手頃なサイズを見つけてらぜひ、想像力を膨らませて世界でたった一つのキッズハウスを作ってみてはいかが?

▼詳しい記事はこちら▼

「プラダン」って知ってる?

段ボールの素材といえば「紙」ですが、プラスチックでできた「プラダン」をご存知ですか? 樹脂をダンボールと同じ中空形状に成型したもので、ダンボールと同じように箱を作ったり、養生として床に敷いたりなどさまざまな用途があります。

Fujinao(フジナオ)さんはこのプラ段を収納の「仕切り」に使用。引き出しの中のごちゃつきを一気に解消するすぐれものだとか!

自分で仕切りを作ることで収納スペースにシンデレラフィットができちゃう! 段ボールよりも見栄えが良いこの仕切りを応用すれば、家中のさまざまな引き出しを整理することができますね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

トイレDIYも段ボールと100均で!

最後にトイレをおしゃれな空間にしたいとお悩みの方必見のアイデアをご紹介。生前整理・片づけ収納マイスター 梅本和子さんがプラダンとリメイクシートを使ったDIYテクニックを伝授してくれました。

元のトイレがこちら。梅本さんはなんとかタンクレス風に見せたいという思いからプラダンDIYにトライされたそうです。

プラダンをカットしたものにリメイクシートを貼って完成させたのがこちら。手洗い場はそのままに、タンクレストイレができあがりました!

リメイクシートを貼ったプラダンを1枚タンクに合わせて置いただでトイレ周りがスッキリ! 

アイデアの数だけ広がるダンボールの可能性

木よりも扱いが簡単な段ボールは、切ったり貼ったりするだけでさまざまな用途に生まれ変わります。DIY初心者でも手軽にトライできる段ボールで、「こんなの欲しかった!」を叶えてみませんか?


LIMIAからのお知らせ

保険アドバイザーがあなたにぴったりで無駄のない補償をご提案!

  • 44329
  • 292
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード