戸塚区N邸-ふだんを、いちばんの幸せに-

神奈川県横浜市戸塚区 2018年08月竣工
敷地面積:194.62 M2

敷地の南側にそびえ立つ隣家。
これにより冬の日照は厳しいものになる予測。
これをどうやって解決するか?
今回の新しい提案は、
2階の南側の部屋をサンルームと称したスノコ床で仕上げることで、
1階のリビングにも日照を落とします。
吹き抜けを持たずに、採光を確保する方法として、
当社2018年の最新モデルとなります。

  • 4753
  • 37
  • 0
  • いいね
  • クリップ

室内にバルコニーを配置

洗濯と布団干場であり、夏の就寝にも使える室内バルコニーです。
床が『すのこ』になっていますが、もともと外に配置する予定で考えていたので、
お客様もGOサインを出してくれました。
この土地は、冬は一階に日差しが入らない環境なので、
2階から採光することを考えての設計です。

二階から光が落ちるリビング。
窓辺には居心地の良い長いベンチを設計しました。

みんなが集う、うれしいキッチン

アイランドの作業台を中心に、キッチンはもちろん、
ワークスペース、食品庫、本棚を配置。
壁付の換気扇を使うことで、コンロ上まで大容量の吊棚を実現、
シンク前の窓には、目線に飾り棚を設けて気分UP↑

キッチンに設けられたワークスペース。
お子さんの勉強を見たり、仕事をしたり、、、
玄関からは見えない位置なので、
急な来客がきても片付けは不要です。

玄関土間はタイル仕上げ

廊下も同じタイル仕上げにして、玄関に広がりを持たせています。

広々とした洗面室

洗面と脱衣は分けるようにしていますが、欄間で目線が抜けることで、
広々とした洗面室になっています。
洗面器は使い勝手の良い深型を採用しました。

  • 4753
  • 37
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

用・強・美が求められる建築・住宅の設計に対して心・技・体で答えていく。それが当社のスタンダードポリシーです。事務所を創立して20年。今まで数多くのクライアントと…

おすすめのアイデア

話題のキーワード