無印のアレをトイレブラシに。

8年くらいずっとスコッチブライトのプラスチックのトイレブラシを使ってました。
しかし、洗剤の青みが容器やブラシに色移りしたまま居座る存在感の強さったら...。確かにあなたは便利だし、いないと困る。
しかし長年のプラスチックの劣化感に改めて気づいた時、トイレ感、生活感を増していた様子に何とかならぬかと今更ながら悩みました。

そこで、無印のキッチン用柄付きブラシ。
ステンレス、シンプル、ウレタンフォームブラシ、挟める。

うんうん、完璧。
というのも、我が家の琺瑯の洗面所はずっと無印のウレタンフォームブラシでゴシゴシと掃除してるからです。
水切れは抜群にいいので、気づいたらすぐ磨いて、ずっと愛用してました。

そして同じ琺瑯のトイレなら、よく落ちるのは想像もできるし、いいんじゃないかしら?と。

というわけで、キッチン用ブラシでありながらトイレ用にしてみました。
容れ物は何と、無印のステンレスマグ(笑)。売り場で柄つきブラシを大小のマグにどちらがいいやらと出し入れする怪しい私。

ブラシは、スクラビングバブルの流せる使い捨てタイプのものや、写真のスコッチブライトの洗剤付きブラシを挟んでもいいと思います。ただ、スコッチブライトのブラシの場合は横に幅があるので、入れるときに少しキツイです。

柄も普通のトイレブラシよりは短いですが、わたしは個人的に気になりません。
便座を触るほど近いわけではないですし、洗剤をつけ置きをしてからブラシをゴシゴシするときは、近い方が力が入っていいので(笑)。

  • 2495
  • 27
  • 0
  • クリップ
  • 2495
  • 27
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード