「足場板家具」って何?DIYにも使える杉足場板の専門店〔WOODPRO本店〕にオススメ家具を聞いた!

杉足場板専門のネットショップ〔WOODPRO本店〕(以下、WOODPRO)で取り扱っている、工事現場で使われなくなった足場板を再利用した家具やフリー板をご紹介します。シャビーシックでエコ、しかもローコストな足場板古材は、DIYの材料としても魅力的です。

  • 9959
  • 100
  • 0
  • クリップ

アシバ系が今アツい!?

「足場板」って知っていますか? よく高所の工事現場で作業床として使われる、強度のある板のことです。最近は金属製のものが使われるケースが増えてきましたが、高速道路や橋梁などを中心に国産の杉でできた足場板が使われています。そんな杉足場板の古材を再利用した家具を販売している専門店があります。その名は、〔WOODPRO〕。今回は、人気の足場板家具のご紹介とともに、DIYにも使える足場板古材の魅力に迫ります。

こんなにしっかりとしたデスクがこのお値段

まずはこちらの引き出し付きデスクを御覧ください。これが足場板古材で作られた人気商品の1つ、《Cタイプ デスク》です。引き出しはレール式、取っ手は黒皮鉄を採用。高さは300〜750mmの間で、10ミリ単位で指定可能です。引き出しは2個タイプ(横幅945 or 1145mm)と3個タイプ(横幅1360 or 1560mm)があり、塗装の有り無しも選べます。規格サイズの価格は25,300〜56,700円(税抜)。これだけしっかりとした木製デスクにリーズナブルな価格が付いているところも、足場板家具の魅力です。

世界に1つだけの足場板シェルフ!?

こちらの〔シェルフ[モデルA-01]〕は、幅・高さ・奥行き・棚の枚数を以下の範囲で自由に指定することができます。

幅:200〜1000mm、高さ:200〜2200mm、奥行き:200/240/295/345/400/460mm

写真の完成されたシェルフ(600×1800×240mm)の価格は、約41,000円(税込)です。しかし、自分で組み立てるタイプの仕様も用意されているので、DIYが得意な人であればさらに半額くらいのお値段になる場合もあります。世界に1つだけの足場板シェルフは手の届くところで待っていたのです!

オーダー品をリクエストしよう

こちらの脚付リビングボードは、完全なオーダー品です。写真のものの価格は、52,500円(税抜)。サイズ的に通常配送ができないため、別途送料がかかってしまいますが、ガラス扉も付いていて素敵なアイテムであることは間違いありません。脚付リビングボードはオーダー品のほんの一例で、多種多様なリクエストに答えてくれます。既存のラインナップに欲しい家具が見当たらない場合は、是非ともオーダーしてみましょう。

シャビーシック&エコ&ローコスト!

ほかにもダイニングテーブルやテレビボード、格子ラックなど様々な足場板家具商品がありますが、ここで改めて杉足場板の3つの魅力を確認しておきましょう。まず、シャビーシック。使い古した木材ならではのレトロで味のある見た目の雰囲気が特徴的です。次に、エコ。元々は廃棄される運命にあった使用済みの足場板を再利用しているので、地球環境に優しいのです。最後に、ローコスト。国内の古民家解体材や北米の納屋(バーン)解体材が希少価値が高いのに対して、足場板はお求めやすい価格になっています。これら3つの魅力にピンときた人は、身近なところで使われなくなった足場板を買い求めてみるのも一興です。

DIY用にフリー板も販売

〔WOODPRO〕では、足場板古材のフリー板も販売されています。そのままの1枚板や幅落とし材、厚み方向に半分に裂いた板など様々なパターンがあり、オーダーも可能なので安心です。価格は、例えば長さ1mの1枚板(無塗装)であれば、1,770円(税抜)。実物を見たり触ったりしたことのない人は、一度小さなサイズのフリー板を1枚購入してみると、イメージが湧いて良いかもしれませんね。フリー板、ないし足場板家具が気になった人は、是非とも下のリンクから〔WOODPRO本店〕のページをチェックしてみてはいかがでしょうか!

  • 9959
  • 100
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード