テレビボードをおしゃれにしたくてたどり着いたフロートタイプ

テレビボードをどんな形にしようかと考え始めましたがどのプランもピンとは来ません。それは、あらゆる見せ方を考えたとしても「どこかで見たようなものになる」からです。
そこでオーダーだからできること、もっと言えば建築と融合させることを考えました。そしてその方向性ならば簡単には真似されない形にすることができるはずだからです。

  • 3091
  • 13
  • 0
  • クリップ

テレビボードをおしゃれにしたくてたどり着いたフロートタイプ

2004年、当時お付き合いしていたハウスメーカーのモデルハウス建築の際に
私は家具の設計と製作を依頼されました。

その時に思ったのは、他には無い、シンプルデザインの家具にすることでした。

モデルハウスですから一つの家具だけというのではなく
玄関であればベンチがあり、リビングにはテレビボードとセンターテーブル、
そしてキッチン、カップボードとあり、浴室には洗面化粧台があるといったものです。

それらの家具にイメージの相違があってはいけませんので
全てがシンプルデザインというコンセプトから外れないように開発をしたものです。

ここでは身近な家具であるテレビボードに限らせて話をさせていただきますが、
一見簡単そうに見える家具だからこそ開発には苦労が伴いました。

どれもが普通

テレビボードをどんな形にしようかと考え始めましたがどのプランもピンとは来ません。
それは、あらゆる見せ方を考えたとしても「どこかで見たようなものになる」からです。

そこでオーダーだからできること、もっと言えば建築と融合させることを考えました。
そしてその方向性ならば簡単には真似されない形にすることができるはずだからです。

不自然に見せることを思いついた

人の印象に残るものは何かと考えたとき、不自然な様子を見たときだと思いました。
この例のようにキャビネットを支える脚が無いと「あれっ?」と思うはずです。

そしてこの形の利点は床を綺麗に見せることができるという点です。
当然配線コードやコンセントも一切表には出しません。

構造を考えるには家具の知識だけではダメ

家具を浮かすことを考えてはみたものの、
自分には木工の知識しかありません。

そこでピンときたのがスチールでの補強です。

階段の設計と施工の経験が役に立った

実は自分は家具の設計ばかりではなく、
階段の設計と施工も頼まれることがありました。

それは目に見える家具と階段までもが一つのインテリア空間だからにほかならないからです。

そうですよね、リビング、ダイニングがあれば階段までイメージが統一されているほうが
自然ですよね。


鉄骨屋さんの社長とともに考えた

「家具を浮かす」と決めた私は迷うことなく鉄骨屋さんの社長に相談に行きました。

その社長は店舗物件でスチール階段の施工経験が多く、
設計屋さんとの打ち合わせも数多く経験しており、
住宅においてもハイグレードな住宅ばかりにスチール階段を数多く納めていた経験を持っていたので、
木造住宅についても構造に詳しかったのでした。

経験値からのアドバイスで確信を持てた

家具は建築工事の中では雑工事に分類されているので
守らなければならない数字というものはありません。

だからといっていい加減な工事は当然許されません。
ですから耐久性については想像以上のものでなくてはいけないのです。

例として80kgまで載せても大丈夫といったものは
100kgから120kgまで耐える必要があるということです。

そして家具を浮かした以上、絶対あってはいけないことは
落ちてしまうことです。

テレビボードには当然テレビが乗ります。
今では壁掛けがスタンダードにはなっていますが
テレビボードである限りはそれに耐えうる強度が必要なのはいうまでもありません。

10年以上の試行錯誤を経てお届けできる自信が持てた

この浮いているテレビボードの開発は2004年のことと言いました。

そしてそれ以来数多くのご注文をいただきました。
クレームはなかったのかと言うと、正直ありました。

ですが程度としては扉の調整で済む範囲内で、
床に落ちたというクレームは10年以上経ったいまでもありません。

ハウスメーカー、工務店、建築会社様のご協力があってこそ

このフロートタイプのテレビボードは
ハウスメーカー、工務店、建築会社様のご協力があってこそお客様の家に設置できるものです。
そして製品についてのアフター管理もしていただけるかどうかを総合して判断していただくものです。

ですからハウスメーカー、工務店、建築会社様が
安全性と製品の保証ができないと判断されたならば諦めていただくようお願いいたします。


CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
  • 3091
  • 13
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード