気分はハンドメイド作家♪定番ミシンの「記念ブラックエディション」を衝動買いレビュー!

実勢価格1万円代前半のミシン、〔ジャノメ〕《JN508DX》。その生産台数は、なんと世界で10万台を突破。現在(2018年8月)、生産10万台記念として、「ブラックエディション」が発売されています。それがあまりにお洒落で、ついネット通販でポチってしまいました。その詳細と実力をレビューします♪

  • 12815
  • 146
  • 3
  • いいね
  • クリップ

ルックスはどことなく工業用ミシン!? お部屋のテイストを問わないカラーがうれしい♡

「家庭用ミシン」と一口に言っても、普及クラス(いわゆる電動ミシン)、電子ミシン、コンピューターミシンなどといった種類があります。高級ミシンは色々なことができてとても楽しいのですが、初心者にもハードルが低いのは、1万円程度のフットコントローラー付き電動ミシンではないでしょうか。

ついポチってしまったミシンは、《JN508DX-2B》というモデルです。世界で累計10万台を生産した普及クラスの電動ミシン《JN508DX》のミレニアムブラックバージョン。「家庭用ミシンといえば白」という概念を打ち破ってくれたことに感動です。なんだか、ハンドメイド作家な気分にしてくれます♪

Black Editionのロゴがお洒落です♪返し縫いのレバーが大きくて使いやすいのもポイント。

ルックス的には、ボディがホワイトの《JN508DX》とほとんど同じです。ただ色が黒いだけで、違うモデルに見えますね。ボディ外装は普通にプラスチックです。個人的にはもっとツヤがなくてもいい気がしますが、ブラックならではの重量感と高級感は、どんなお部屋のテイストとも合いやすいと思います。

購入したのは、楽天の「ミシンのオズ」からです。価格は13,490 円(税込)でした。メーカー保証とは別に、ショップ保証が3年付いているところに好感が持てます。ヨドバシの通販やアマゾンでも取り扱っていますが、よくアマゾンでは品切れしています。かなり売れている模様です♪

シンプルだけに直感的に操作できる!

さっそく使ってみましょう。ワンタッチで外せる補助テーブルに、付属品が収納されています。ミシン糸さえ用意すればすぐに使える仕様になっています。

ボビンに下糸を巻き、内がまにセットします。次に上糸を掛けていきますが、「ごく普通のミシン」という印象。複雑な機構がないだけに、「ミシンは久しぶり」という人でも抵抗はないかと思います。

糸の模様選択ダイヤル。針を上げた状態で、ダイヤルを回すだけの操作です。

押さえは、基本押さえ、たち目かがり押さえ、ボタンホール押さえが付いています。交換するときには、針を上にあげて元の押さえをを引いて外し、溝に合わせて違う押さえを差し込みます。

端切れを使ってエコバッグを作ってみます♪

もとはのれんだったものですが、本棚カバーに変身した名残の端切れです。この端切れでミシンの実力をチェックしてみることにしました。

ジグザク縫いモードにして、生地のほつれ止めをします。本来、ほつれ止めはロックミシンを使うのがベストですが、ロックミシンは高価なんですよね……。

このミシンにはそこまでの機能はありませんが、たち目かがり(的な縫い方)はジグザグモードで問題ないレベルにはできました。さすがは定番モデルというところです。作動する音は、カタカタカタ……と静かなものです。分厚い部分を縫うときには、少々ココッ……ココッ……という音がしますが、気になるレベルではありません。

スピードコントロールは、このフットポンプで操作できます。テーブルと椅子があればベターだと思いますが、ローテーブルに座ってもヒザでコントロールしやすかったです。

生地のほつれ止めをしたところ。ロックミシンにはかないませんが、ハードに使うものでなければ大丈夫なレベルには仕上がっています。

ダイヤルで一番細かい模様にした状態で、直線縫いをしたところです。

生地を重ねて縫ってみると…

普及クラスのミシンは、パワーが気になるところですよね。エコバッグの縫い合わせ部分は生地を4重にしていますが、スマートに針が進んでいきます。薄手のコットンやポリエステルは4重でも大丈夫ですね。

取っ手部分をTシャツヤーンで作り、縫い付けます。返し縫いのレバーが大きいので、こういった作業はやりやすいです。

エコバッグができました。色々と活躍してくれそうです♪

軽くて扱いやすいカジュアルミシン

重量は5kgで、片手で苦もなく持ち運べるサイズです。これが意外と大事で、押入れの肥やしにならないポイントかと思います。「子供の入園用にちょっとした小物を作りたい」といった用途には、必要十分なカジュアルなミシン。やはり一番の魅力は、部屋に置きっぱなしでも気にならないこの色と価格ですよね。

いかがでしたでしょうか。本格的に3〜5万円クラスのミシンを買うのは素敵ですが、「うーん、どうしようかな〜」とお悩みの方は、リーズナブルなミレニアムモデルも選択肢かもしれませんよ♪


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 12815
  • 146
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

手作りアクセサリーや手作りバッグ、レジン、ペーパークラフトなど幅広い範囲のハンドメイドの実例記事をご紹介致します!世界に一つだけ、自分だけのハンドメイド作品を作…

おすすめのアイデア

話題のキーワード