【連載】暑い夏にぴったり!食欲のない時こそ栄養が大事!甘酒のススメ

気温の高い日が続いていますね。こんな時は食欲もわかなくなり、栄養不足になりがちです。体が元気ではないと体力も奪われます。そんな時こそ手軽に飲める、甘酒はいかがでしょうか。

  • 18336
  • 29
  • クリップ

熱中症対策に大事なこと

命に係わる危険な暑さとして、メディアの情報でも呼びかけがあります。

水分補給、涼しい環境づくりなど、自分で出来る対策はいろいろありますね。

実は、気温に負けない体づくりも大事なのです。
栄養をとって、内側から予防を心がけましょう。

「甘酒」は夏の季語

冬の寒い時期に飲みたくなる甘酒ですが
俳句の世界では、「甘酒」は夏の季語なのですね。

昔から、甘酒は夏バテに良いと言われ、
最近ではその栄養分から「飲む点滴」ともいわれています。


栄養たっぷりの甘酒は、夏の飲み物として今の時期、オススメなんです。

米麹の甘酒

甘酒には2種類あって、酒粕から作られるものと
米麹から作られるものがあります。

米麹から作られるものは、アルコール分を含まず
甘さは麹から出ているので糖分の過剰摂取も防げます。

スーパーでは、お馴染みの缶入りから
酒蔵メーカーで作られているこだわりのモノまで
いろんな種類が販売されています。


最近は、米だけでなく、雑穀入りのもあるのですね。
珍しい甘酒を見つけました。

甘酒というと白、というイメージでしたが
ちょっと紫がかった色合いです。

一般的な甘酒はお米を主原料にしていますが
ひえ、あわ、きび、玄米など、古来の日本人が摂取してきた雑穀には
カルシウムやカリウム、食物繊維、鉄分などの
多くの栄養素が含まれています。

その栄養を丸ごと吸収して、麹で発酵させた甘酒。
夏の暑い時期に最高です。

甘酒は東洋のヨーグルト!

夏バテで体調がすぐれないときや、食欲がわかないときには
なかなか食事をとるというのが難しいですね。

固形物が無理な時は、サラサラとのど越しの良いものが
飲みやすくオススメです。

パッケージにも書かれていますが
発酵食品でもある甘酒は、東洋のヨーグルトです!


水分と違って満腹感もあるので
小腹が空いたときや、おやつ代わりにもオススメです。

いかがでしたか?

甘酒は、古来の日本人が愛飲してきたので
私たちの体にピッタリの飲み物です。
甘味料を加えていない自然の甘さも嬉しいですね。

スーパーなどでは、缶入りや紙パック入りなど容器も様々で
各メーカーごとに趣向を凝らした甘酒が販売されていますので
自分好みの甘酒を探してみるのもいいですね。

熱中症対策にもオススメですが、
もし残念なことに、かかってしまったとしたら
甘酒は、弱った胃腸にも優しい食事になります。

必要な栄養素を摂取して、
からだの内側から元気を目指しましょう。

  • 18336
  • 29
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード