「お手本はカフェ空間♪」sa_ra_さん ◆ インスタグラマーの幸せな日常空間 ◆

人それぞれ“心地よさ”の基準は異なるけれど、物選びを楽しんでいる人の生活空間は、あたたかさに満ちている……。自分のため、あるいは家族のために整えた個性の光るインスタグラマーの《ライフスタイル空間》を紹介します!

  • 8909
  • 53
  • 0
  • いいね
  • クリップ

インテリアのお手本は「カフェ」空間

カフェさながらのインテリアが人気のsa_ra_さん。2年前に購入した一軒家でご主人と暮しています。

リビングダイニングは、ダークトーンの木目と白壁で統一した内装に、ふたりで選んだアンティークの家具がバランスよく調和。どこに目を向けても絵になる光景が広がります。

インテリアのイメージとしてお手本にしているのは、「カフェ」空間。時代背景が感じられる古いものを主役に、生活感のある物があふれ過ぎないように意識しているそう。

ジャグひとつとっても、収納の素材に合わせてコーディネートするなど、インテリアを構成しているもののすべてに統一感が感じられます。

ヴィンテージのオープン棚は、本来は縦長のデザインのものを、あえて横に寝せて使用。まるでギャラリーのような美しいディスプレイが目を引きます。

キッチン道具ひとつにもこだわり

キッチン空間も、こだわりのアイテムが引き立つシンプルなインテリアに。適度な暮らしの息づかいも感じられ、心地いい空気が流れています。

スッキリ片づいた調理スペースには、厳選した長く使える確かな道具がきれいに並び、飾りながらもしっかりと収納されています。

食器棚は持っている器の量に合わせてオーダーしたもの。壁面の棚は、自分たちで古材の板をさがしてとりつけたそう。家電やツール類はモノトーンカラーで統一しています。

作家ものの「器」に夢中

sa_ra_さんのインスタグラムの投稿のなかでもひときわ目を引くのがスイーツを中心とした食卓の様子。日々を切り取ったシーンからは、食べることはもちろん、何をどう盛りつけるかをとことん楽しむ様子が伝わってきます。

そんなsa_ra_さんが今、夢中になっているのが作家ものの器。料理を引き立てるシンプルなデザインで、どこか個性が光る作風がお気に入りだそう。

気になる器の作り手のインスタグラムをフォローするうちに、個展にも積極的に足を運ぶようになったと言います。

一方で、趣味のカフェめぐりを、以前ほど頻繁にはしなくなったというsa_raさん。理由は「新居に越して、家で過ごす時間をより楽しめるようになったから」。

自分好みのインテリアと道具に囲まれながら、しあわせな時間を過ごしているようです。

《 今後、&homeアカウントにて、記事を随時更新していく予定ですので、アカウントのフォローをお願いします! 》

Photo : 鍵岡龍門
Text : &home編集部

  • 8909
  • 53
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

インテリア好きの住まいづくりを応援するインテリア・ハウジング雑誌です!

おすすめのアイデア

話題のキーワード