ここが我が家のベースキャンプ「男前な家」

ヴィンテージ加工を施した建材や古材等を要所に取り入れ、天井と床は白ペンキ塗装。築25年の中古マンションを「男前な家」へリノベーション。

  • 5474
  • 37
  • 2
  • いいね
  • クリップ

築25年マンション「男前な家」芦屋市

以前から住みたかった街、阪神間に新たな居を構えることにしたお施主様。新築マンション購入も検討したものの、なかなか希望の立地と、好みのインテリアテイストに合う物件が無い。そんなお施主様が選んだのは「中古買ってリノベーション」とい手段でした。

三井のリフォームで物件探しからお手伝いさせていただき、希望にぴったり合う、築25年の中古物件を購入。そうして「男前な家」づくりが始まりました。ご夫婦お二人共が新居には絶対置くと決めていた、TRUCK FURNITUREのソファとベンチ。全てはそれを中心に家全体の空気感をまとめていきました。

一番こだわったのは無垢の床材。なかなか既製品のフローリングでは満足いくものが見つからなかったのでオーダーして製作することにしました。「ラフなぐらいが丁度いい」そんなご希望をお聞きしていたので、ヴィンテージ加工を施した建材や古材などを要所に取り入れ、低かった天井も取り払い、天井と壁一面を白ペンキを塗装して、開放感と統一感を確保しました。

好きな家具と緑に囲まれた新居のリビングは、家族や友人がいつも集まるベースキャンプとなりました。

リフォームプランナー(設計)笑顔のポイント!

「家族と一緒に育つ家」をテーマにして始まった家づくり。仕上げはラフなテイストですが、通風や換気・断熱など、家の居住性能の向上も十分に考慮してプランしました。オーダーでヴィンテージ加工を施した床材や建材は、完成するまでの間はやや不安ではありましたが、「細かいコトは気にしないので」というお施主様からの言葉に助けられて、楽しくモノ選びが出来ました。

~ PROJECT STAFF ~
[ 営業 ] 林 敏隆
[ 設計 ] 辻本 信子(リフォームプランナー)

  • 5474
  • 37
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1980年の創業以来、「デザインリフォーム」を提唱し、数多くの実績を重ねてきた三井のリフォーム。設計はすべて「リフォームプランナー」と呼ばれる女性建築士が行いま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード