タッカーで止めるだけ! 好みの紙で作る超お手軽アクセントウォール

石膏ボードがむき出しの壁にタッカーで楽譜を貼りました。
作業時間15分!必要なのは好みの紙とタッカーだけのお手軽リフォームです♪

  • 13604
  • 24
  • クリップ

家を建てた時、予算がなくて階段下の物置の壁は石膏ボードむきだしのままでした。

たまに物を取りに入るくらいの場所なので石膏ボードむき出しでも不便はなかったのですけど、手持ちの楽譜を壁に貼ってみよう!と思いついて貼ってみたら、簡単な作業でダマスク柄の壁紙のような雰囲気が良い壁になりました!

まずはビフォーアフターから♪

ビフォー

アフター

ピアノの楽譜

子供の頃使っていたピアノピース(1曲ずつの楽譜)。
今は本になっている楽譜を使っているのでピアノピースを使うことはありません。けれども発表会で弾いた曲、難しくて必死に練習した曲など思い入れがある楽譜も多く、捨てられなくて本棚にしまいこんでいました。

ただしまっていても意味がないし、ピアノピースはデザインが素敵なので壁に貼ってみよう!と思いつきました。

道具

必要な道具はタッカー(ホビーホッチキス)だけ!

タッカーはホームセンターで7800円くらいで購入した物を使っています。
100均にも売っています。

作業開始!

ちゃんとした照明がない物置なので写真が暗めですみません。

タッカーは壁にぴったり押し当ててハンドルを握ると針がでます。

楽譜の四隅をタッカーで壁に固定していきます。

紙と紙を隙間が出来ないように少しだけ重ねてどんどん紙を貼っていきます。

あっという間に完成!

小さな壁なので作業時間15分で完成しました。

ホッチキスの芯は見えますが、柄物の紙のせいかあまり気になりません。
無地の紙だとホッチキスの芯が気になるかもしれないので、はっきりした柄の紙を選ぶのがオススメです。

紙はニスなどでコーティングしないでそのまま貼りました。
汚れたらそこだけ外して取り替えようと思っています。

長くきれいな状態を保ちたい場合は、ニスを塗ると汚れがつきにくくなります。

ついでにペンキ塗り

壁に楽譜を貼って終わるつもりだったのですけど、左側に見えている柱に楽譜の五線譜を貼り、まわりの壁に白いペンキを塗りました。


思い入れがあって捨てれなかった楽譜を有効利用できて、物置の雰囲気もグッとよくなって大満足のリフォームです。

きれいな包装紙を貼っても素敵だと思います。
同じ紙を使った方がすっきりした印象になりますが、いろいろな紙を組み合わせるのも楽しそうです。
紙が足りない場合はカラーコピーするという手もあります。

タッカーで止めるだけの簡単作業で、たのしいアクセントウォールが出来ちゃいます!
ぜひやってみて下さいね。

最後まで見てくださりありがとうございます♪

どちらのブログも毎日更新しています♪

  • 13604
  • 24
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード