【DIY】自分で作れるおしゃれ木製家具シリーズ♪インテリアに置きたくなる!こだわりが詰まった木製スツールをDIY☆

古材風&斜めカットした脚がかっこいい、おしゃれなスツールを作りました!
ダイニングテーブルに合わせたので、食事の時はもちろん、来客時にも大活躍♪
使用していない時は花台やディスプレイにも使えます。
斜めカットの手間はかかりますが、出来上がりはなかなか本格的になりました☆
DIYに慣れてきた方にぜひ試していただきたいアイデアです(^^)

  • 11834
  • 112
  • 0
  • クリップ

材料

写真の寸法で木材を用意します。
座面用には2x4材を、
脚用には3㎝x4㎝の角材を使います。

どちらもホームセンターで購入できる木材です。

脚用の木材①②は卓上スライド丸ノコを使って斜め10度にカットしています。

ホームセンターのカットサービスは角度カットができないところが多いので、ホームセンターに併設された工作室で工具レンタルを利用する事ができます。

工具をレンタルしてまでは…という方は出来上がりの脚の形が変わってしまいますが、まっすぐカットでご用意ください。

座面組み立て

座面用の木材、2x4材は3本をボンドで接着します。
あとの工程で裏からネジで固定して強度を高めるのでこの段階ではボンド固定で大丈夫です。

もしお待ちであれば、クランプなどを使いズレないようにし、ボンドが乾くのを待ちます。

クランプがなければ雑誌など重さのあるもので挟み込んだりしてもOKです。

サンダーでやすりがけ

ボンドが完全に乾いたら、塗装の前にサンダーを使って加工します。

表面のザラつき、木をカットした時の断面のささくれなどをサンダーでキレイにします。
ついでに座面の角もサンダーをかけ、手触りを良くします。立ったり座ったりする時に引っかかったりぶつかったりしないようにするためです。

角材の方もザラつきのあるものは一緒にサンダーをかけておきます。

角が落ちました。
一手間かけるだけで作品の仕上がりもワンランクアップします。

ペイントする

木材の準備ができたのでペイントします。

水性塗料やワックス系塗料などお好みの塗料をお使いください。

今回はターナー色彩のオールドウッドワックス(色はアンティークグレー)を使用します。

古布にワックスをとり、木にすりこませるように塗布していきます。

木目がキレイに出る塗料なので、木目を活かした仕上がりになります。

さきほど加工した座面の木材にも同じ色を使用します。
角材は赤松、2x4材はSPFなので材料によって着色の具合が多少変わります。

塗装が終わったら別の古布で余分な塗料を拭き取っていきます。

拭き取って仕上げることで、余分な塗料が落ち、木材にツヤが出ます。

脚組み立て

塗装が出来たので、脚の部分を組み立てていきます。
まず脚用の木材①③を写真のように組み立てていきます。
①の木材は斜めカットしているので、向きを気をつけます。

写真右側の断面が座面に固定する側になります。

右端から15㎝のところに③の木材をボンドで取り付けます。
取り付ける位置はお好みでOKです。

ボンドが乾いたら、もう一本の③の木材を取り付けます。
ここではさきほど取り付けた板と違う角度、①の木材の断面と並行になるように取り付けます。

すでに板が一本ボンドで取り付けてあるので、①の内側にボンドをつけ、滑り込ませるように③の板を取り付けます。

①と③の角材の組み立てが終わったところです。
③の角材は取り付け角度が異なっています。

ネジを使ってさらに固定するので、ネジを打ち込む場所をあらかじめ印をつけておきます。

①の木材に対してまっすぐネジを打ち込むと、斜めに取り付けた③の角材からネジの先端が飛び出してしまう可能性があるので、それを考えて位置を決めます。

写真の白い点のところに印をつけました。

印をつけたところにネジを打ち込んで脚の木材を固定していきますが、厚みのある角材なのでドリルビットで1cmほどの深さの穴をあけます。

穴にすっぽり入るネジ頭のネジを選べば表からネジが見えないので見た目がすっきりするだけではなく、使用時にネジにひっかかる心配もありません。

ドリルビットで穴をあけたところにネジを打ち込んでしっかりと固定します。

脚をひっくり返し、座面と接着する面の内側にも同様に三箇所穴を開けておきます。
この部分は最後の組み立ての時にネジを打ち込むのでこのままにしておきます。

補強用木材取り付け

座面側でない、もう一本の③の木材の中心部分にも縦に2つ、さきほどと同じように穴を開けます。

ガタつきがないよう確認しながら②の補強用の木材を取り付けます。

作業がしにくい場合はボンドで仮固定してから取り付けると楽に取り付けできます。

脚、完成

脚の部分が完成しました。

座面取り付け

座面、脚を逆さにします。

脚の取り付け位置が、座面の中心になるように定規で測りながら位置を確認します。
位置が決まったら、さきほどドリルビットであけた穴にネジを打ち込んで仕上げます。

スツール完成

完成です!
ダイニングチェアと同じ高さにしています。

お客さんが来た時使えるように…、と作ったスツールですが、この位置にスツールを置いているとキッチンとの行き来がとても楽なので毎日愛用しています(^^)

オールドウッドワックスで木目がキレイに仕上がりました。
サンダーで面取りし、角を落としたので手触りも良く使い心地がとてもいいです。

斜めカットの脚で仕上がりもワンランクアップ!少し手間はかかりますが、お気に入りのスツールになりました(^^)

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 11834
  • 112
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード