【毎日のおうち時間#11】必要なものだけ、コンパクトに!帰省準備のポイント

もうすぐ帰省シーズン到来。服は少ない枚数で賢く着回したいし、貴重品はコンパクトにまとめておきたい。かさばるものは配送しよう……と、なかなか考えることが多い帰省のための荷造り。そんな私の帰省支度をご紹介します。

  • 6295
  • 57
  • 0
  • いいね
  • クリップ

帰省シーズン到来

もうすぐお盆の帰省シーズン。わが家では、家族3人で私の実家へ帰省します。夫は仕事があるので、先に自宅へ戻りますが、私と息子はしばらく実家でゆっくりする予定です。

毎年のことですが、持っていく服はどのくらい必要だろうか? 実家へのお土産は何にしよう?とワクワクしながら、帰省の準備をしています。

貴重品はコンパクトにまとめる

仕切りやポケットの付いたマルチケースに、帰省の際に必要な貴重品をまとめることで、スッキリ・コンパクトに持ち運ぶことができます。

マルチケースのいいところは、開いたときにどこに何が入っているかが一目でわかるところ。私は、使う予定はないけれど、万が一に備えて持っておきたいものを収納するために使っています。

●保険証
●乳幼児医療証
●お薬手帳
●通帳

中身はこんな感じです。息子が赤ちゃんの頃は、母子手帳も入れていました。帰省先で、息子がお小遣いをいただくこともあるので、自宅に戻るまで、このケースに入れて大切に保管します。

ちなみに、免許証や新幹線の切符、クレジットカードなど確実に使用するものは、財布に入れて保管しています。

機能性も重視!夏ならではの着回し服

荷物を少なくするために、なるべく少ない服で着回したいですよね。私の定番はこの2つです。

●前開きワンピース
ちょっとおめかししたいときには、前を閉じてそのままワンピースとして着ます。新幹線や建物内での冷房対策には、前開きで羽織としても使えます。

●ユニクロのリラコ
普段からジーンズなどのラフな格好が多い私ですが、実家でくつろぐときはさらに楽な格好がしたい(笑)。リラコは涼しいので夏は必須。部屋着にも寝間着にもなります。

ちょっと近所をお散歩……なんてときも、リラコでOK! SNSに載っているおしゃれなリラコの外出コーデを参考に、トップスイン、小物を身に着けるなど工夫して「あえてのリラコ」着こなしができたらいいな……。

かさばる荷物は配送

衣類はダンボールにまとめて実家に配送しています。夏祭りや水遊びに備えて、帽子・ビーチサンダル・息子の甚平&水着も忘れずに。

また、実家へのお土産はネットショップで購入することが多いです。メリットは、時間があるときに、家でゆっくりと選べること。実家に配送をお願いすることで、手荷物が少なくて済むこと。

今まで選んだお土産は、ギフトにぴったりなちょっといいジュース、中華点心の冷凍詰め合わせなど。親戚が集まる機会が多いので、食事の席の一品になるようなものを意識しています。

備えあれば憂いなし

ですが、帰省の準備は何かと気力も必要。足りないものがあれば現地調達しよう~と、気負わずに準備を進めるくらいがちょうどいいのかもしれません。みなさんも、よい帰省を!

●文/イラスト ごんどうまゆ
イラストレーター。山形出身、東京在住。アニメーション制作会社勤務後フリーランスに。夫と2012年生まれの息子と3人暮らし。好きなことは料理と散歩。

【毎日のおうち時間】シリーズは、隔週土曜日14時更新です!

  • 6295
  • 57
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

イラストレーター。アニメーション制作会社勤務を経てフリーランスに。2012年生まれの息子と夫と3人暮らし。暮らしや子育て、日常をテーマにイラストエッセイを描いて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード