リソーケンセツ社員大工の手による手作りダイニングテーブルをご紹介します。

座の空間だったダイニングに手作りテーブルをしつらえてよりモダンに変身です。

  • 4708
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まずは和モダンエコの家「藤塚展示場」をご紹介します。

2010年竣工で、間口が狭く奥行きがある土地に建てられた展示場です。
玄関周りは大谷石が張られています。

奥行きがある家なので玄関から長い廊下が続きます。
右手壁の向こうはお部屋になります。

越前和紙を張った天井にしつらえた竹がこの和室の特徴です。

縁無しの畳、横繁桟の障子、落ち着いた色の越前和紙が張られた建具…。
本格的な和室に近いモダンな和の空間です。

リソーケンセツには珍しい2階リビングの展示場です。

十字にかかった太い無垢の太鼓梁、壁一面に張られた無垢の杉の羽目板、床は無垢のパイン材です。
木と珪藻土のコントラストが映えるリビングダイニングです。

リビングの外は床とフラットにつながるバルコニーになっています。

座の空間も良いですが椅子の方が座るのが楽ではないかとの事で…。

社員大工の手による手作りダイニングテーブルに模様替えすることになりました。
ステキなダイニングテーブルが出来上がりましたので、製作工程をご紹介します!

まずは無垢のケヤキ、一枚板から加工していきます。

表面を滑らかになるよう削っていきます。

真ん中の濃い色の部分は割れ止めのボンドです。
この部分も全てに削っていきます。

綺麗な木目が登場です。

テーブルの脚を加工していきます。

必要なサイズに加工して…、

今回は脚だけ取り外せるように楔仕様にするので、のみで凸凹を作ります。

下の脚受けを大まかに形を削りだして、

滑らかになるまで削ります。

先程の一枚板に上の脚受けを取り付けて、

楔が上手くはまるかテストします。

いよいよ組み立てと設置です!

脚を先に組み立てて、

天板をはめ込んで楔で留めます。

ステキなダイニングテーブルが完成しました!

椅子も無垢材で出来ていますが、
大工ではなかなか作れませんので懇意にしている家具屋さんからの購入品です。

この看板が目印です。

ご一報頂いてからご来場頂けると大変嬉しいです(*^^*)
無垢材での一点物のテーブル等もご相談承ります。

  • 4708
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

【空気がおいしい省エネ健康住宅】春日部中心に6ヶ所の展示場がございます。一番古いもので2002年竣工ですので、無垢材に色艶が加わった変化を実際に見ることが出来ま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード