塗りつぶす気持ちよさ

古めかしいデザインほど面白くなる

  • 1447
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

一番簡単にイメージを一新できる「塗装」

以前、「古い箪笥を活かす」でも書いたのですが、リノベーションの面白さは、前の家の面影を残して、新しいものと古いものが調和した独特の雰囲気を作ることができることだと思います。
元の家の面影を残してデザインする方法は無数にありますが、一番簡単で、DIYでもできる方法は塗装です。
時代によってデザインの趣向も変わるので、中古のマンションや住宅を見ると、築年数にもよりますが多くの場合は、デザインの古さというか、「今じゃない」感じを受けます。
ただ、今じゃないにしても、その古い感じが面白かったり、実は手が込んでいそうで壊すのがもったいなかったり、壊してしまって、新しいけど味気ない感じになるものもったいなく感じます。
そのような場合は、塗装で塗りつぶしてしまうのもいいと思います。

リノベーションをするのであれば、リノベーションにしかできないことに挑戦してみるのもいいかもしれません。
元の家の良さを理解し、それを活かすことで、新築にはできないような空間を作ることができます。
新しい部分も古い部分も一様に塗りつぶしてしまうことで、新旧の境目が無くなり、空間に一体感が生まれます。
塗っていくと、見慣れた景色がどんどん変わっていく感じがとても面白く、病みつきになる人も少なくありません。
自分の家をリノベーションする予定のある人は試してみてはいかがでしょうか。

  • 1447
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

AIDAHO設計の戸建リノベーション「深沢の家」が、リノベーションオブザイヤー2018にエントリーしています。https://www.renovation.or…

おすすめのアイデア

話題のキーワード