キッチンリフォームの工事費をこれでもかというくらい安くする秘訣!

  • 1924
  • 4
  • 0
  • クリップ

ニーズに合わせてキッチンをリフォーム

リフォームの要望が多い場所のひとつといえばキッチンですね。ガスだったものをIHクッキングヒーターに変えたい、浄水器を流し台に取り付けたい、対面型キッチンやアイランド型にしたいなど、好みやニーズはさまざま。もっと使い勝手の良いキッチンにしたいなどの希望が出てきたときにはリフォームがおススメです。

ただやっぱり気になるのが、リフォームにかかる工事費です。一般的にキッチンリフォームで一番費用がかさむのはシステムキッチン本体の費用になりますが、それも含めて工事費を安くする方法をご紹介します。

システムキッチンの選び方

システムキッチンはさまざまなメーカーから様々なタイプのものがあります。ワークトップはステンレスと大理石、人工大理石がありますが、コストを抑えるならステンレスがおすすめです。さらにキャビネットの扉等は樹脂シート仕上げのほうがその後の手入れも楽だし費用も安くなります。デザインと機能性、そしてコストを考え、納得できるものを選びましょう。

現在ある位置に新しいシステムキッチンを設置するならそれほど費用が掛かりませんが、従来とは別の位置に対面式やアイランド式のキッチンを設置する場合、給排水やダクト、電気工事費用等が掛かるのでコスト高になります。強い希望がない限り、キッチンは現状の位置でシステムキッチンの入れ替えにとどめておくのがリフォーム費用を下げる大きなポイントです。

また食洗器もビルトインタイプにするよりも、自分の家族構成にぴったりあった製品を別に買って設置するほうがコストを下げることができます。食洗器があることで見た目は多少悪くなるかもしれませんが、食洗器の選択肢が多いこと、価格が安いこと、お掃除やメンテナンスが楽なことを考えるとビルトインタイプでないほうがおすすめです。

メーカーを同じにする

キッチンリフォームではシステムキッチンだけでなく吊戸棚やパントリーなども設置することになることが多いものですが、このときに別々のメーカーに依頼するよりも、トータルで1つのメーカーに絞ったほうが割引率も高くなり、もし不具合が出たときにも面倒な手間や負担がかからないのでお勧めです。

新しく理想通りのキッチンで快適な毎日をすごせたら素敵ですね。でも予算とも相談し、妥協できるところは妥協することも時には重要です。上記にあげたコストダウンの方法を参考に、コストを抑えた理想に近い素敵なキッチンのリフォームを実現してくださいね。

  • 1924
  • 4
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード