人を責めずに仕組みを攻めろ!宿題もお手伝いも熱中症対策だって全部”仕組み化”で乗り切る!

さぁ、はじまった夏休み!学校が休みなだけで家事が進まないどころか用事が増える。人手は増えているはずなのに、暑さが拍車を掛けるのかイライラばかりが募る日々。そんなとき、「いい加減にしなさい!」とついつい子ども(人)を責めがちですが、攻めるべきは”仕組み”。宿題もお手伝いも熱中症対策だって全部”仕組み”が助けてくれます。

  • 4231
  • 104
  • 1
  • クリップ

目指せ、平和な夏休み!イライラ前に仕組み化しておく。

いよいよはじまった夏休み!
子どもにとってはただただ楽しい夏休み。大人にとっては半分楽しみ、半分憂鬱でもある夏休み。
憂鬱の原因は、有り余る子どもたちのパワーの末に滞る家事と昼食など増える用事じゃないでしょうか。

小学生ともなればもう立派な戦力!!
いかにさり気なく自分のことは自分ででき、家事には巻き込むかがポイントです。

「いい加減にしなさい!」と子どもを責めたくなりますが、まずは仕組みを作るところから。仕組みを味方に付ければ、夏休みも軽やかです。

宿題は自作のシートで見える化

学校から配られる宿題記載のお手紙は正直見にくく、今どこまでできていて何が残っているのかもわかりにくい。

というわけで、わが家では自作のシートで子どもたちが管理。
シートを作る手間はありますが、作ってしまえば安心ですし、

できたところにシールを貼るのが達成感があるようで進み具合もスムーズです。今年長男は6年生なのでシートつくりからお任せしてみようかなと思っています。

ちなみに、夏休みの宿題は一式1人1つのファイルボックスに分けて入れて、出しっぱなし。こうすることでスタートの準備と片づけに時間が掛かりません。

”家庭内アルバイト”募集を強化!

小学生は立派な戦力!ということで、普段からわが家ではお手伝いを”家庭内アルバイト”として募集をしています。アルバイトなのでもちろん賃金があります。

「〇〇やってー!」と頼むとめんどくさそうなのに、こうやって貼りだすだけで遊びのように変わりすぐに仕事不足になります。
夏休みは普段ない大物のアルバイトも募集しようかなと思っています。

熱中症対策には休みのときも水筒用意!

今年は特に気を付けなければいけない熱中症。

学校へ行くときは朝の水筒準備がルーティンワークになっていますが、夏休みになるとそのあたりはゆるゆるに。
そこを夏休みも水筒を用意することでいつでも飲めるし、外遊びにも忘れず持っていけるので便利です。「お茶、ちょーだい」攻撃もなくなるので母的にも助かる仕組み。


こんな風に最初に少し手間を掛けることで1か月の夏休みを楽しむ余裕がでてきます。ガミガミいうのではなく、親も最高の夏休みしたいですね!

世のお母さんたち頑張りましょ――――(笑)

  • 4231
  • 104
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード