アーネストワン住宅に雨避け屋根がある自転車置き場を作ろう!

最近はゲリラ豪雨のような大雨が
降ることが増えてきました。

アーネストワン住宅に住んでますが
子供達の自転車や植木鉢などを
大雨から守る場所がありません。

そこでアルミパイプを使って雨避け屋根が付いた自転車置き場をDIYしました。

住宅の外壁を利用した幅1.8m、奥行き8m、高さ2.5mの自転車置き場です。

かなりスペースがあるので自転車だけでなく植木鉢や道具も置けて大雨の日の避難所になります。

柱には基礎を作ってパイプの連結には補強を使うことでしっかり強度があります。

先日の非常に大型台風7号の直撃を受けても
崩れることはありませんでした。

特殊な工具は不要で一人で組み立てることができます。

しかも材料費は5万円程とリーズナブル。

簡単に作れますのでおススメですよ。

  • 26991
  • 483
  • 1
  • クリップ

(手順1)    基礎を作る

コンクリートブロックを使って基礎を
作ります。
フェンス側は地面を400mm程掘って
ブロックを2段埋める事ができましたが、
住宅側は住宅の基礎があり
ほとんど掘れません。

そこでサイディングにビスで固定して
補強しました。

基礎ができたら柱となるパイプを
コンクリートで固定します。
この時、軽く組んだ状態で固定すると
後の組み立てがとても楽になります。

(手順2)   パイプを組み立てる

柱を固定したら他のパイプを組み立てます。
パイプの組み立てはコネクタと呼ばれる部品を
使いますが、ボルトを締める簡単作業です。

パイプの接合部に補強コネクタを別途追加することでより全体の強度が高くなります。

これだけで十分強い骨組みとなります。

(手順3)   波板を貼る

最後に波板をパイプに貼り付ければ完成です。
波板の取り付けはスクリューネジで
打ち込むだけです。
波板のくぼみにちょうどパイプがはまるので
とても簡単に作業できます。

またパイプは一度固定した後でも再度ボルトを
緩めれば動かすことができます。
そのため波板を貼りながらパイプの位置を調整できます。

波板は屋根だけでなく壁側にも貼り付けます。

(手順4)   完成

これで完成です。

小屋の中は高さがあるのでパイプを
追加することで上のスペースも利用できる
ようになります。

軽いものや長物などを収納するのに
大変便利です。

しかもこれで強度もしっかりあります。
屋根の上にのっても崩れませんし、
大型台風にも耐えれました。

詳しい作り方や費用などはこちらに
まとめていますのでご覧下さい。

http://www.frame-diy.com/2018/07/12/post-24313/

  • 26991
  • 483
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード