古民家の外壁を綺麗にリフォーム!外観を一新する際のポイントと注意点

ここでは、古民家の外壁リフォームをするときのポイントと注意点をご紹介します。風情がある古民家ですが、現代の環境や気候に合わせた材料などの選定をしつつも、古民家が持つよさや味わいを損なわない工夫が大切になってきます。そのための外壁リフォームについて、この記事でまとめてみました。

  • 12384
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

古民家外壁リフォームの種類と選び方

古民家の場合の外壁リフォームの種類は以下となります。

・塗り替え
・張り替え
・カバー工法(重ね張り)

古民家リフォームでは特に、既存の外壁材が持つ古さや味わいを大切にしつつ、リニューアルを図ることが優先事項として考えられますので、カバー工法を採用することは稀になるでしょう。最も多いのは、外壁の塗装をしなおす「塗り替え」になると考えられます。一般住宅であれば、機能性にすぐれる現代の塗料なども選びやすいのですが、古民家は天然素材で手間暇かけてつくられた風合いを大切に考える方が多いでしょう。

既存の外壁材が塗り壁であれば、調湿性や防火・耐水性にすぐれる漆喰などを重ね塗りすることで「古民家」のイメージを残したまま、ガラリとイメージチェンジできるはずです。

また、古民家には木材を張った「板張り」の外壁も多くなります。板張りに使われる木材も、古民家の場合は耐久性や美観にすぐれるケヤキやヒノキ、サクラやクリなどが主に使われています。このような板材は、何十年経っても劣化が少ない状態を保っていることも多いでしょう。古い板材を塗り替える場合は、防虫性・耐食性のある柿渋や墨などの天然素材を用いた塗料を使うことで、機能性と美観を両立した風流な外壁に生まれ変わります。

古民家外壁リフォームの注意点

紹介してきた通り、古民家の外壁リフォームは材料選定の段階から、ある程度選択肢が限られるとともに、取り扱いや工事の際にも専門的な知識や技術が必要になる場合が多くなります。また、古民家の外壁リフォームでは、新築から長い年月の経った住宅をより長持ちさせるという目的も強くなるため、外側から見えない箇所に至るまでしっかり補修をするなど、細かい気配りも大切です。

おわりに

古民家の外壁をリフォームする時こそ、経験豊富で古民家をよく知っている業者さんとの出会いが大切になります。「近いから」「ここしか知らないから」と、適当にリフォーム業者を選んでしまうのは禁物です。一括見積もりをうまく利用し、経験豊富な業者さんを選びましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 12384
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード