お孫さんが遊びに来るのが待ち遠しくなる家

お嬢様のお住まいのお近くにお引越しをされるご両親様から、リフォームのご依頼をいただきました。
雰囲気や、使いやすい間取りのご希望はもちろんですが、費用を抑えることも重要なポイントでしたので、構造的な部分は手を入れずに(柱を移動したり、構造壁を抜くなどはせずに)可能な範囲の変更で、広々としたLDKに変更しました。

  • 3326
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチン

キッチンの背面に造作カウンター収納を設け、ダイニングへのつながりをもたせました。
配膳が楽になるのはもちろん、ご夫婦で、お子様やお孫さんと一緒になど、何名かでキッチンに立つときに役立つ、広い作業スペースが設けられるのがポイントです。

対面側の造作カウンター収納は、ダイニング側から見えない配置を利用して、ごみ箱置場や、ストック品などを置ける可動棚を設けました。

キッチン背面のカウンター収納とは反対側に、お客様がお持ちの冷凍庫を置けるスペースを確保しました。
背の低い冷凍庫なので、上部を有効利用するために可動棚を設置しました。

LD

元は壁で仕切られていたLDKと和室を一体化しました。
段差も解消して、広々としたLDKに。
お孫さんが遊びに来たら、走り回りたくなる解放感のあるお部屋の床は、オーク無垢フローリング。
足触りが良い無垢材は、裸足で歩くのが気持ち良く、冬場は保温機能でヒヤッとした嫌な冷たさを感じにくい素材です。

元の和室の設えはそのまま残して、床を無垢材に。
昔ながらの和の雰囲気と、オークがマッチした、どこか懐かしい雰囲気になりました。
古いものを大切に、新しいものとの融合ができるのは、リフォームの醍醐味です。

  • 3326
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォームにおける適正価格を提唱。株式会社STELLAと株式会社システムアート湘南によるリフォームブランド。自社による設計・施工管理。自然素材を中心に提案型のリ…

おすすめ

話題のキーワード