外壁を断熱リフォーム!室内の暑さ寒さ対策をラクにしよう〜効果や工法まとめ〜

今回は、住宅の暑さ・寒さ対策に欠かせない外壁の断熱リフォームについて、さまざまな工法と計画の立て方についてご紹介します。屋根や窓に加えて、外壁全体での断熱を行えば家一軒をまるごと断熱できることになり、室内の冷暖房効率もよりアップするので、ぜひリフォームしてみてください。

  • 4194
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

外壁リフォームの断熱工事にはどんな種類があるのか

外壁の断熱リフォームは、おおまかに分類すると「外断熱」「内断熱」の2種類になります。

外断熱

外壁の下地材と外壁の表面材の間に断熱材を挟む方法です。断熱材は、外壁の表面材を張り替えるときに同時施工するケースがほとんどです。外断熱には、断熱効果のほかに外壁の強度アップも見込め、耐震・対衝撃性向上の効果が得られるメリットもあります。現在では、外壁パネルに既に断熱材が挟んである高機能外壁材などが普及し、施工の手間も軽減されています。

内断熱

外壁材と内壁材の間のすき間に、断熱材を充填する方法です。冬の寒さに特に効果があるとされますが、暖房効果が高まる分だけ室内に結露が出やすいという欠点も以前には指摘されていました。しかし現在では、断熱材の充填と同時に壁内部に気密シートを施工する方法が普及したため、結露の問題は少なくなりました。

外壁リフォームと同時に断熱工事はできる?

外壁リフォームのついでに「断熱工事」を行い、暑い夏や寒い冬の居住性をもっと高めたいと考える人も多いでしょう。「でも、張り替えをしないと断熱材を入れられないのでは?」と思いがちですが、実は外壁リフォームの主な工法のほぼすべてにおいて、断熱効果を付加したリフォームが可能です。

塗り替えの場合

塗って断熱効果が得られる「断熱塗料」があります。これを外壁に塗装するだけなのですが、もともと外断熱・内断熱などの方法で断熱工事がされた住宅であれば、外壁に断熱塗装をすることで、それらの効果をより高めることができます。ただし、既存の住宅そのものが無断熱の場合は、外壁を断熱塗装しただけでは断熱効果が得られにくい場合があるため、注意が必要です。

張り替えの場合

外壁の内部に断熱材を充填する「内断熱」、外壁材に断熱材を挟む「外張り断熱」のどちらも施工でき、最後に外壁を塗装する場合は断熱塗料を選ぶこともできます。ただし、外壁のリフォームをした後で、別途断熱工事をするとなると手間もコストも余計にかかってしまうため、可能なかぎり張り替え時に断熱材を同時施工することをおすすめします。

カバー工法の場合

既存の外壁の上から新しい外壁材で覆って二重構造とするため、一般的な外壁材でリフォームするだけでも断熱効果が得られるのが特徴です。また、内側に断熱材が張られた、カバー工法専用の断熱サイディング材などを選ぶことで、特別な工事を加えなくても「外張り断熱」に相当する断熱効果が得られます。

おわりに

いかがでしたか?外壁の断熱リフォームといってもバリエーションはさまざまで、それぞれの住宅が抱える事情によって適切な方法が異なってくることがわかりました。計画を立てる段階で、ご自宅の現状でのお悩みをまとめ、もっとも適した断熱リフォームの方法を選ぶのがよいでしょう。複数の業者から匿名で1度に見積を取ることのできる「一括見積」も、外壁の断熱リフォーム計画に役立ちます。業者さん探しにお悩みなら、一括見積を検討してみてはいかがでしょうか?

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 4194
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード