外壁の断熱リフォームにかかる費用・相場はどのくらい?〜工法別にご紹介〜

今回は、外壁の断熱リフォームにかかる費用や相場について、工法や材料別に例をあげながら紹介していきます。外壁の断熱リフォームは、壁全面に断熱工事が必要となりるため、高額になってしまいます。相場を知り、リフォーム費用で損をしないようにしましょう!

  • 12190
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

外張り断熱リフォームの費用

・外張り断熱工法(既存の外壁材の上に断熱材を張り、さらにサイディングで覆う一種のカバー工法)の場合
延べ床面積約33坪の木造住宅の場合: 材料費約100万円+施工費など

・外壁の張り替えによるリフォームに、断熱工事を組み合わせる場合
延べ床面積約45.5坪の木造住宅の場合: 外壁張替費用約270万円+断熱工事費約88万円(施工費込み)

張り替え工事と廃材処理に関する費用がかかる分、外壁を張り替えるリフォームはコストが高くなります。そのため、元ある外壁を断熱材でカバーしてしまう工法のほうが、外壁そのものを張り替えるよりは低コストになります。
ただし、外壁の張り替えリフォームを検討しており、外壁の張替えリフォームのついでに外張り断熱の工事をしようと考えているなら、同時に行ったほうがトータルコストは安くなります。

断熱塗料を使用した外壁の塗り替え費用

・断熱塗料で外壁部分を塗り替える場合
延べ床面積約33坪の木造住宅の場合: 材料・施工費全て込み80万円ほど

あまり知られていませんが、断熱性能をもった外壁塗料で断熱する方法もあります。もとの住宅の構造部分に手を加えることがほとんどなく工事が済むので、廃材が出ることもありませんし、材料・施工ともにコストを抑えられます。もし、外壁の塗り替えを検討しているなら、断熱性能にすぐれた塗料を採用するのもひとつの方法です。

おわりに

外壁の断熱は、工法の選び方しだいで費用・相場が大幅に変わってきますが、どの方法を選んでも同じように断熱効果が得られるとは限りません。また、元の家の構造や立地・気候などによって、求める断熱効果も変わってきます。そのため、自宅に合った断熱リフォームを行うことが重要です。一括見積もりをうまく活用して、お得で確実な外壁の断熱リフォームを実現しましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 12190
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード