外壁リフォームの種類と工法をご紹介!種類や工法を比較しよう!

今回は、外壁リフォームの種類や工法について、メリットとデメリットを挙げながらご紹介していきます。外壁のリフォームにもさまざまな種類や工法がありそれぞれ特徴があります。かかる費用や手間、外観のイメージや耐久性なども異なりますので、この記事をぜひ参考にしてみてください。

  • 10354
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

外壁リフォームの種類

外壁のリフォームは、おおまかに分けると3種に類別できます。各種それぞれのメリット・デメリットに触れながら説明していきましょう。

1. 塗り替え

既存の外壁の塗装を塗り直す方法です。1度のリフォームにかかる費用は安価で済む反面、数年~十数年ごとに塗り直しが必要なため、長い目で見ると割高になる可能性があります。

2. 張り替え

既存の壁材を撤去し、新しい壁材に張り替える方法です。外観の目新しさが得られ、素材を変えればイメージチェンジも容易ですが、既存の壁を撤去・廃棄する手間と費用がかかります。

3. カバー工法

既存の壁材の上から、新しい壁材を覆うように重ね張りする方法です。こちらも見栄えがよくイメージチェンジが簡単なほか、廃材にかかわる作業・費用が発生しないため安価で済みエコになります。ただ、曲面など複雑な形状の外壁に施工ができないほか、極端に傷んだ外壁の上からの施工もむずかしくなります。また、水回りなどの配管類に干渉する場合は別途工事が必要になることもあります。

結局、どの外壁リフォーム方法がベストなのか

主な外壁リフォームの方法3種には、それぞれ長所・短所があることがわかりました。では、結局どの方法を選択するのがベストなのでしょうか。外壁の状況や条件に応じて変わってきますが、優先したい条件や現状のお悩みなどで選ぶのがおすすめです。

予算を最優先したい場合

塗り替えが最も安価な方法になります。しかし、塗料の選び方しだいでは、カバー工法とそれほど変わらない費用になる可能性もあるため、見積をとって比較しながら検討する必要があります。

外壁の見た目のイメージチェンジが主な目的の場合

外壁の汚れなどで見た目を一新したいなら、カバー工法がおすすめです。廃材の解体・処理の手間が省けるため、工期が短く済むことも魅力です。ただし、既存の外壁の表面に損傷があれば、重ね張りする前に別途修復工事が必要になる場合があります。

外壁リフォームを兼ねて遮音性・断熱性などを高めたい場合

この場合はカバー工法がベストです。最近の外壁材には、内側に防音効果・断熱効果を高める素材を使用しているものもあり、それらを選べば、重ねて張るだけで防音・断熱効果が得られます。

既存の外壁の傷みがはげしい場合

張り替えがベストな方法になります。工事の際には壁内部の状態も確認できるため、安全面で妥協のないリフォームを考えているなら、思い切って壁材そのものを張り替えてしまいましょう。ただし、廃材処理の費用などはしっかりかかってきますし、工期も長くなります。

おわりに

いかがでしたか?ひとくちに外壁リフォームといっても、全く違う特徴を持った方法がいくつもあることがわかってきました。リフォームを検討する前に、

「予算はいくらまでか」
「外壁で今1番悩んでいることは何か」
「見た目はどこまで変えてもよいか」
「現状の外壁はどんな状態か」

などをあらかじめチェックし、一括見積もりを利用して業者さんに相談してみることから始めるのがよいでしょう。まく活用しながら計画的にリフォームの準備をするのがおススメです。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 10354
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

LIMIA 住まい部さんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード