一日自動車保険はワンコインから加入できる!どんなとき役に立つ?

車を運転する以上、ドライバーにはもしもの事故に備えておく義務があります。では、親や友人の車を借りて運転する場合、自動車保険はどうすればいいのでしょう? そんなときにぴったりなのが、一日単位で加入できる「一日自動車保険」。この記事では、一日自動車保険の内容と、どのような場合に加入すればいいのかについて解説します。

  • 834
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

一日自動車保険とは?

一日自動車保険は、その名の通り一日(24時間)単位で加入できる自動車保険のこと。借りている車の、運転中の事故などを補償する保険です。補償内容は通常の自動車保険と基本的に同じで、基本補償のみのプランであれば一日500円程度で加入できます。

一日自動車保険の主な補償内容

【基本補償】
●対人賠償責任:他人にケガをさせてしまった場合の補償
●対物賠償責任:他人のモノを壊してしまった場合の補償
●対物超過修理費用:相手の車の修理費用が時価額を超えた場合の補償(対物賠償責任保険の補償は時価額まで。車の時価額より修理費用が多くかかった場合の補償)
●搭乗者傷害:乗車中の事故で自分がケガをした場合の補償
●自損事故傷害:単独事故などで自分がケガをした場合の補償
●ロードサービス:事故時のレッカー移動や車両トラブル対応など

【オプション補償】
●車両復旧費用補償:事故で借りている車が壊れた場合の修理費用などを補償。

このほかにも、保険会社によって、事故で車内の持ち物が壊れた場合の補償や、事故時の弁護士費用の補償などがオプションとして用意されています。

借りている車の事故でも、自分の自動車保険が使える

もし、自分の車で自動車保険に「他車運転特約」がついていれば、借りている車(*レンタカーなどを除く)の事故でも、自分の保険を使えます。他車運転特約は、多くの保険会社で基本補償となっているため、つけた覚えがなくても補償に含まれていることが一般的です。

また、この特約の対象範囲には別居の未婚の子も含まれます。そのため、下宿中(別居)の子どもは、他人から借りた車(レンタカーなどを除く)で事故を起こした場合、親の自動車保険を使うことができます。

このように、車を借りて運転する場合でも、改めて自動車保険に加入しなくてよいケースは意外と多いもの。他車運転特約の対象になっていないか、一日自動車保険に加入する前にあらかじめ確認するようにしましょう。

一日自動車保険は、こんなケースにおすすめ

一日自動車保険は、車を借りて運転する場合に、他車運転特約の対象とならない、以下のようなケースで役に立ちます。

借りた車での事故、自動車保険に加入していないとどうなる?

では、自動車保険に加入せず、借りた車で事故を起こしてしまうとどうなるのでしょう?

人身事故は、自賠責保険で補償される

自動車保険には、すべての自動車(バイクを含む)に加入が義務付けられた「自賠責保険」と、自賠責保険ではカバーされない部分に備えて任意で加入する「任意保険」があります。

借りた車で事故を起こした場合、まずはその車の自賠責保険から保険金が支払われます。

ただし、自賠責保険の補償は、「人身事故」における「相手方(被害者)」への補償に限られています。これは、自賠責保険が「被害者に対する最低限の救済」のための保険であり、加入者(加害者)を守るための保険ではないからです。

【自賠責保険の補償内容】
●傷害(ケガ)による損害(被害者1名につき最大120万円)
治療費や休業損害、慰謝料など

●後遺障害による損害(障害の程度などに応じて、被害者1名につき75万円〜4000万円)
事故による障害が原因で収入が減少することによる損害(逸失利益)や慰謝料など

●死亡による損害(被害者1名あたり最大3000万円)
葬儀費用や死亡しなければ得られたであろう収入(逸失利益*本人の生活費は差し引かれる)、慰謝料など

自賠責保険で補償は十分?

自賠責保険では、相手方への最低限の補償は確保されていますが、あくまで最低限の補償です。自動車事故では賠償額が高額となることもあり、自賠責保険だけでは賠償額をまかないきれないケースも少なくありません。また、事故で他人のモノを壊してしまった場合や、自分自身のケガや車などは、そもそも補償されないので注意しておきましょう。

【人身事故において高額賠償となった事例】

(賠償額)約5億2800万円:41歳男性・医師(死亡)
(賠償額)約3億9700万円:21歳男性・大学生(後遺障害)
(賠償額)約3億8200万円:29歳男性・会社員(後遺障害)

【物損事故において高額賠償となった事例】
(賠償額)約2億6000万円:(被害物)洋服・毛皮などの積荷(高速道路での追突事故)
(賠償額)約1億1000万円:(被害物)電車(踏切内での接触事故)

交通事故はいつ起こるかわかりません。「少しなら大丈夫、自分は大丈夫」は通用しません。自分を守るためにも、自動車を運転するなら必ず任意保険に加入しておきましょう。

一日自動車保険に加入する方法

一日自動車保険は、スマホなどから、簡単に加入することができます。手続きはネット上で完結します。免許証番号や借りる車のナンバー(登録番号)が必要となるため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

車両保険のない基本補償プランであれば、申し込み当日から補償を開始することもできます(車両保険付きのプランについては、初回登録から7日間は申し込めないため、前もって登録しておく必要があります)。

【A社 一日自動車保険】
・スマホ、ガラケー(ドコモ、au、SoftBank)で申し込み可能
【B社 一日自動車保険】
・スマホ(ドコモ、au、SoftBank・Y!mobile)、または〔セブン-イレブン〕の店頭で申し込み可能

一日自動車保険を検討してみては?

自家用車を持たず、カーシェアリングやレンタカーなどを利用する方が増える現代。自動車保険に加入していない方も多くなっていますので、誰かに車を借りて運転する機会は、今後ますます増えていくといえます。車を運転するドライバーの責任として、自分を守るためにも、必要に応じ、一日自動車保険をうまく利用していきましょう。

プロフィール

竹国弘城
証券会社、生損保総合代理店での勤務を経てファイナンシャルプランナー(FP)として独立。金融商品を販売しない独立系FPとして、企業の利益ではなく相談者の利益を第一に考え、その場しのぎで終わらない、自分のお金の問題に自分自身で対処できるようになるためのコンサルティングを行う。1級FP技能士。


LIMIAからのお知らせ

保険アドバイザーがあなたにぴったりで無駄のない補償をご提案!

  • 834
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード