光と視線と印象を操る「造作ドア」は満足リノベへの入口

リビングに寝室や洗面、トイレ……玄関以外の室内にも、意外とたくさんあるドア。毎日触れるものでもあるので、お部屋の印象に与える影響も大。また、ガラスなど透明感のある素材を組み合わせることで、光を届けたり、視線をほどよく通す役目も担います。そんな室内ドア、既製品もたくさん出ていますが、せっかくリノベーションするなら、実現したいインテリアに合わせて作ってしまうという手段もあります。造作ドアで、望み通りの空間をつくった例をご紹介します。

  • 3238
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ガラス面を大きくとってリビングの光を廊下に

壁付けキッチンのLDKと個室の間の壁を取り払い、ひとつの大きなLDK空間にしました。リビングの窓も2間分でぐっと明るく。北側にあたる玄関や廊下側にもその光が届き、お家全体を明るくしてくれます。

アジアンなインテリアに馴染むアンティーク調

全体のインテリアテイストは、床にタイルを敷いたアジアンリゾート。玄関からダイニングに続くドアをアンティーク調の濃いブラウンとガラスで造作しました。ドアは奥様がデザインされたそう。自分の理想をカタチにできるのも、造作のよさですよね。

造作なら、場所によってデザインを変えられる

南側玄関からの光を取り込むドアは、上下面をガラスで造作しました。

洗面室につながるドアは、上面のみガラスにしてやさしく視線をカット。このガラスは、以前の住まいで使われていたものを再利用。お祖母様が住んでいた家の想い出とともに、古い素材だけがもつ味わいが素敵です。

全面ガラスは、マンションの中部屋におすすめ

玄関を入って個室と水まわり、廊下の奥にリビング、という細長い間取り。マンションの中部屋(角部屋以外の、両隣に挟まれた部屋)ではポピュラーなかたちです。ガラスブロックに加えて、全面ガラスの造作ドアで、リビング側の光を廊下まで届けます。

玄関側に窓のない一面採光のマンションのため、玄関の採光はリビングドアにかかっています。

空間をキリっと引き締める縦格子

ところどころにガラスブロックやスチールの筋交いを採用して、開放感を出した一戸建てリノベです。家族みんなが通るリビングドアは縦格子を取り入れたデザインに。全体的にほどよく視線を遮りつつ、玄関の気配は分かるようにしました。ガラスブロックとの相性もいいですね。

空間にリズムを与える縦横格子

建具はすべてオリジナルの造作で、部屋によってガラス面の大きさを変えることで変化を出しています。たとえば、リビングドアはガラスの格子部分が3×4ですが、寝室は3×2…といった具合。お家全体に統一感とリズムが生まれました。

まとめ

木やガラスそれぞれの種類や割合、デザインで千差万別の造作ドア。気になる費用面は、大きさや素材で変わるため一概には言えませんが、既製品の2~3倍程度高くなります。そのため、メインのリビングドアをとっておきの造作にして、個室やトイレは既製品を使用、というメリハリをつける方法も。用途や好みに合わせて、我が家だけの理想のドアを作りましょう。

【設計・施工】

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(火・水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
【横浜店】横浜市都筑区仲町台2-1-9せせらぎハイツ1階(火・水定休)
【リノベーションギャラリー】東京都杉並区梅里1-7-17 k&2ビル3F(火・水定休)
 完全ご予約制。ご予約は浜田山店までご連絡下さい。
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

  • 3238
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

スタイル工房は、東京・神奈川(※)でリフォーム・リノベーション・新築を行う、設計・施工会社です。スタイル工房のスタンダードは、「肩肘はらず、ありのままに、くらし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード