幼児体育インストラクターが教える歩き始めた子の公園遊び

最近のお子様は公園で遊んだりする機会が少ないようです。これも先日お伝えした環境で、両親があまり運動に興味がないと「危ない」「どんな遊びをしたらよいかわからない」などと言って、公園で遊び始めるのは2歳過ぎてだいぶ人間らしくなってから・・・なんて方も多いようです。運動環境が著しく低下している現在、公園遊びを積極的に取りいれることをお薦めします。「公園デビュー」という言葉がありますがママたちが思っているような公園に陣取っているようなママ集団なんかほぼいません。是非、気軽に遊びにいきましょう。

  • 2784
  • 4
  • 1
  • いいね
  • クリップ

公園遊びは遊具だけではない!?

こんにちは。最近、歩き始めた1歳~2歳前後の親子向けに「公園遊び」をテーマにしたレッスンを開催しております。開講以降、毎回大好評のこちらのレッスン。どんなことをするのかと言うと・・・。2歳以降に、弊社の開講する未就園児のための「親子体操教室~ベビーチア~」のプログラムにスムーズに入れるような流れを作っています。公園って、遊具で遊ぶだけだと思っている方も多いと思いますが歩き始めた1歳児はとにかく動きたい!そんな子供たちとの公園遊びで遊具を使ってはなかなか難しいですね。ですから、公園の中を沢山冒険することをレッスンの大半を費やしています。
公園の中には少し傾斜のある場所であったり、階段であったり、石ころが沢山あるところ、芝生でふかふかのところなど自然がそのままになっているところが多くあります。そのようなところをひたすら歩くととても満足したお顔をする子どもたちがいます。1歳児しかも歩き始めたばかりの子にこんなところを登らせるの?というような傾斜のある坂?崖?もママやパパのリードで運動の基礎が自然に遊びの中で備わっていきます。例えば、坂上りは体を自然に前傾にしながら足を前に運ぶようになります。これは歩いたり走ったりするときに必要な身体のバランスをとるのに必要な部分を自然に養うことができます。

1歳児でも遊べる遊具遊び

遊具ではいつから遊べますか?
よく質問されますが、スタート時はいつでもOK。
まずは、ママやパパと一緒に遊具を楽しむことが大事です。
ぶらんこもはじめはママやパパのお膝の上に乗ってユラユラを体験して、ブランコを一人で座らせてゆっくり揺らしてみるなど
少しづつ難度をあげていくと楽しくなっていきます。
滑り台では、少し低めのものからチャレンジ。
階段を一人でのぼって、パパやママに少しサポートしてもらいながら滑る練習をします。
次回具体的なやり方などをご紹介したいと思います。

遊具で遊ぶ時に、一番必要なことはルールを守らせることです。
順番に使うこと、並ぶこと、危険なことを何度も教えていくことで社会性を身に着けることができるようになります。





Stars Smiley株式会社 村田綾子

Smiley House~ ベビーからキッズ・ママ・シニアのための一軒家サロン~
横浜市青葉区美しが丘5-6-1
045-909-0081
info@stars-smiley.com

HP:http://www.stars-smiley.com
Blog:http://ameblo.jp/stars-smiley

  • 2784
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1978年7月21日生まれ東京都出身聖心女子学院初等科から高等科卒業。日本女子体育大学体育学科体育学部芸術スポーツコース(現舞踊科)卒業。幼い頃より様々なスポー…

おすすめのアイデア

話題のキーワード