バリアフリーの床暖房がある高気密高断熱住宅

相当な築年数が経ち老朽化した木造住宅では、今後、加齢を重ねていく上で、安心・安全に暮らしていけるのだろうかとの不安から、当設計事務所にご相談に来られました。将来迎える行動の肉体的鈍化に対して、住まいの使いやすさ・安全がリフォームでは、抜本的な対処に限りがあるため建て替えをお薦めし受けいられました。お客様のご要望である住み慣れた以前の住宅の間取りを基本に、安全性を重視した動線の短縮化・簡略化、収納の効率化、住宅内のバリアフリーの要素をふまえ

  • 1524
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
地震に強い平屋建て住宅

密集住宅市街地に建つ、防火性・耐震性・メンテナンスを考えた金属鋼板張りの外観

『 体が弱くなったり、一人になったりしてもできるだけ長く、安全で快適に自宅で暮らせる家』をコンセプトに、建築物の構造面において構造計算で裏付けされた性能基準が高く・安定した品質が確保された構造を提案いたしました。

古き町並みに溶け込み、建物から漏れる灯りが住む人の「心」の暖かさを感じる夕景
玄関の上がり框は 思い出深い以前の住宅で使用していた建材を残したいという施主の思いを反映して、再生利用
玄関

玄関で履物を履き替えるとき、上がり降りするときには、事故が起きやすいので体の負担を軽減する手すりの設置。

室内に上がり降りするときの手すり(バリアフリー対策)
壁は自然素材で調湿作用のある珪藻土を使用し、障子には紙と変わらぬ風合いながら水に強く変色しにくいワーロン紙を使用。
障子を通して差し込むやわらかな光の中で、それぞれの素材が溶け合い、やさしい雰囲気を醸し出します。
自然の恵みを抱く上質な暮らし

「いぐさ畳」と「土佐和紙」で落ち着いた『癒し』の雰囲気でリラックスできる寝室
衰えを想像し、元気なうちに老後に備えた住まいづくり

電気式床暖房 を組み込んだ広々とした外光を内部まで取り入れたリビング(エアコン:天井埋込カセット型空調機)
建具の上部の欄間を透明ガラス・建具を不透明ガラスにして、・・・外光を最大限に取り込む

欄間を透明ガラスを設置して、各部屋の天井をつなげ、空間の広がりをもたせると共に、奥まった部屋に外光を取り入れる
床暖房を設置してより快適な暮らしを

床暖房を設置したリビング・ダイニングを各室につながる建物のコアとして設け、生活動線をシンプルに
エアコンを押入れ上部(左上)のガラリの建具内に入れ込みスッキリとさせた「珪藻土塗」の格調高い和室
浴室


洗面所との入り口はグレーチングを設置し段差解消、適切な手すりの設置にあわせて、浴槽の出入りのしやすさも重要。
手すりを使っても浴槽をまたぐことが辛くなったとき、一度浴槽の端に腰かければ楽に入れますので、高齢者向けの浴槽として、浴槽の端が大きく、座っての移動が無理なくできるタイプを採用。
腰を下ろし、立ち上がる時のため、シャワー取り付け用のバーは手すり兼用タイプを選定。
スケッチ:玄関ホール
スケッチ:和室(仏間室)
スケッチ:リビング
図面:ダイニング・リビングを中心とした動線の間取り
  • 1524
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

大阪でも少ない女性建築家/夫婦建築家として1985年創業し様々な建築設計を手がけています。数多くのプロジェクトに携わり、マンション・個人住宅・オフィスビルなどを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード