電車好きキッズ大集合!激レア0系新幹線で遊べる〔新通町公園〕に遊びに行こう

静岡県富士市にある〔新通町公園〕は、日本でも珍しい初代0系新幹線がある公園です。園内には、信号機や横断歩道のほかに、鉄のポイント切り替え機がドンとおいてあります。さらに、土・日・祝日には車両内部が開放されるので、車掌さん気分で自由にボタンに触れることができます。今度の週末、電車好きのお子さんがいる人は、ちょっと変わった〔新通町公園〕にお出かけしてみませんか。

  • 965
  • 8
  • 0
  • クリップ

0系新幹線がなぜここに?

子どもたちが大好きな公園。でも、静岡県富士市にある〔新通町公園〕は普通の公園と大きく違います。それは、新幹線を展示しているから! 何も知らずにふらっと立ち寄った方は、驚かれるかもしれません。

もともとこの車両は昭和43年3月に製造され、昭和52年2月まで走行していた新幹線開業当時の初期モデル。他にも新幹線を展示している公園はありますが、〔新通町公園〕が日本で最初に新幹線を展示した公園なんですよ。

さらに注目したいポイントをご紹介しましょう。

この新幹線が走行していた区間は東京~新大阪。つまり、現役時代はずっと西向きに走っていたことになります。しかし、〔新通町公園〕にあるのは真逆の東向き。現役時代では考えられない「ありえない方向」に展示されているのがマニアにとってうれしいポイント。〔新通町公園〕に来たら、新幹線の向きもチェックして!

土日祝なら新幹線の中にも入れるよ!

また、新幹線は外から眺めて楽しむだけではありません。土日祝の10~15時の間は、車両内部が無料開放されます。

いざ中へ入っていくと、新幹線の本物のシートが!

シートも昔のまま。実際に席に座ってみれば、公園にいながら旅情気分に浸れちゃいます。

さらに、一番前には運転席も! ここは、電車好きのちびっ子に大人気のエリアです。

運転席に座ったら、レバーを引いたりボタンを押して、運転手さん気分を楽しみましょう。基本的に動かせるものはあちこち自由に触ってOK。子どもたちの冒険心を満たすのに最高の場所になるはず!

車内の一部には、懐かしいSLの写真や鉄道の模型ジオラマもあります。毎月第2日曜日になると、このジオラマを走らせるそうですよ! 電車好きキッズなら、目をキラキラ輝かせて夢中になりそう。

公園内には信号機や横断歩道も!

園内には車体以外にも、さまざまな鉄分(!)が盛り込まれています。ぐるっと歩いてみると、信号機、踏切、横断歩道、交通標識などが出てきます。子どもたちが交通ルールを学ぶのにも良さそうですね。

こちらは、1937年製の、JR伊東線伊東駅構内で使われていたレールを加工して、鐘がなるようにしてあるレールチャイム。

木槌でレールを叩くと、「カン、カン……」と鉄琴のように心地よい音を奏でます。音階も違っていて、叩くのが楽しくなりますよ。

そして、公園の片隅には転轍機標識やDT12形台車などの鉄道部品も。こちらは鉄道の団体から寄付されたものだそうです。あらゆるところに鉄分が満載ですね。

普通の公園にあるような、滑り台や鉄棒、ブランコなど遊具もちゃんとあります。公園の周囲には桜もあるので、春にはお花見もできますよ。

遊べて撮れて楽しい〔新通町公園〕は、鉄道好きの老若男女が集まる人気の公園。無料駐車場も完備していますので、遠方からのお出かけスポットにもぴったりです。

また、毎月第2日曜日は、ボランティアさんにより蒸気を出して走るミニSLも運行します。子どもも大人も、1回5分で何度でも乗れますのでこちらもオススメです。

さあ、電車好きのお子さんがいるママさんパパさん、鉄分満載の公園で、子どもと一緒に童心にかえって遊んでみましょう!

【新通町公園】
静岡県富士市中央町2-8

●ライター安藤美紀

  • 965
  • 8
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー