転職先に悩むのは終わりにしよう!有意義な情報の集め方まとめ

転職活動に悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、悩んでしまう3つの理由と、転職活動を有利に進められる転職先の情報の集め方をまとめてご紹介します。転職活動に悩む方は、今回の記事を参考に転職活動を進めてみてください。

  • 3386
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

転職活動に悩む方へ。情報収集のコツをつかめば転職は難しくない

転職活動中、どのように情報収集をすればいいのか悩むという方も多いのではないでしょうか。また、情報収集がうまくいかず転職先選びもなかなか進めないという方もいるかと思います。そこで今回は、転職活動に悩む方に向けて、悩んでしまう3つの理由と、転職活動を有利に進められる転職先の情報の集め方をまとめてご紹介します。

転職先に悩む3つの理由とは? 企業選びのコツ

転職先を選ぶ際、どのように選べばいいのか悩むという方も多いのではないでしょうか。転職先選びの際、悩んでしまう理由を3つにまとめてみました。

1.情報が多くて悩む

転職サイトには数多くの情報が掲載されているため、自分に合う企業を絞り込むことができないという方も少なくありません。そんなときは、自分の転職軸を定めて、それに添って企業を探しましょう。希望や条件、理想などを思いつく限り書き出し、今度はその中から優先順位をつけていってください。そうすることで、自分がどのような基準をもとに企業を選ぶべきなのかが明確になります。

2.本当に向いているのか悩む

「転職はしたいけど自分が何をやりたいのかわからない」「どんな仕事が向いているのかわからない」という悩みを抱えている方もいます。そういった方は、自分に何が合うかではなく、“何が不満で転職したいと思ったのか”を考えることが重要です。現職の不満な点をあげて、どうすれば解決できるのかを考えてみましょう。そうすれば自然と、「こんな仕事がしたい」「こんな環境で働きたい」という希望がみえてきます。

3.目移りして悩む

求人をみるたびに、目移りしてしまうという方もいるかもしれません。選択肢が増えていく一方なので、自分の中で絶対に譲れない条件を定めて絞り込むことが大切です。会社の雰囲気がよいところ、通勤時間が30分以内、年収◯◯万円以上など、条件は何でも構いません。自分の中で条件を決めておけば、仮に心ひかれる求人がたくさんあっても、悩むことが少なくなります。

転職先の情報を知る方法5選! 転職活動に悩む方へ

転職先の企業を見極める際は、企業の社風に注目しながら情報を集めることが大切です。以下に、情報を得る具体的な方法を5選でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.企業サイトから情報を得る

企業サイトでは、まず社長のメッセージやプロフィールを確認しましょう。営業出身、総務や人事出身など、社長といっても現場を学んだ畑が異なります。例えば営業出身の社長の場合、営業部門の社内権限が強いこともあるのです。社内の部門同士のパワーバランスも社風に反映される可能性があるため、見逃せないポイントです。

2.求人情報から情報を得る

求人情報で何が一番大きく打ち出されているかを確認することも大切です。これからわかることは、“その企業で働く魅力がどこにあるのか”という点。「自己成長」「ブランドの継承」「社会貢献活動」などさまざまですが、その点に企業の価値観が表現されているのです。加えて、給与や福利厚生は社員のモチベーションの拠り所を探る重要なポイントです。

3.扱っている商品やサービスから情報を得る

企業の扱う商品やサービスの打ち出し方や、販売戦略などから、会社の価値観を伺い知ることができます。新しい商品やサービスをリリースしたり、新事業を次々に立ち上げたりしている場合は、行動力があるアグレッシブな人材が評価される企業である可能性があります。また、商品やサービスの安全性や信頼性を強くアピールしている場合は、正確さや慎重さが評価につながるかもしれません。

4.面接から情報を得る

面接では、1日のスケジュールや配属予定のチームの様子などについて質問しましょう。前者の場合、朝礼の有無や仕事の進め方、残業をよしとする社風なのかを判断できます。質問する際は、「前の会社では◯◯がありましたが、御社ではどうですか」などのように、前職の例を交えつつ話を切り出すのが無難です。また、繁忙期や閑散期などがあることも踏まえて、クォーターのスケジュールなども質問しておくとよいでしょう。

配属予定のチームに関して質問する際は、人数、平均年齢、上司の経歴、メンバーのスキルや資格といったことを主に質問してみましょう。そうすることで、チーム内での自分の立ち位置や望まれていることなどをある程度想像できるはずです。

5.面接官以外の社員から情報を得る

社風を知るには、実際に働いている社員から話を聞くのがもっともよい方法です。可能であれば面接時に、「社内見学と合わせて同世代の方の話も聞かせてほしい」とお願いしてみましょう。大きい企業であればあるほど、部署ごとの雰囲気は異なるもの。希望している部署の方はもちろん、仕事で関わる機会の多い部署の方に話を聞くと、社内の雰囲気をつかむことができます。

転職で悩むのはもう終わり! 細かい情報まで網羅しよう

企業の情報を集める際、企業ホームページを調べるのは基本中の基本。しかし、その企業にどんな部署があり、どんな業務を行っているのか、また企業理念は何かを調べるだけでは、不十分かもしれません。

●企業のホームページのニュース欄をチェック!
企業研究をするなら、企業のホームページにあるニュース欄をチェックしましょう。企業が広報活動を行う際の基本となるのが“ニュースリリース”。 例えば、新しい事業を立ち上げたり、新たな指針を打ち出したりした際などに更新されるため、ニュース欄をチェックすることで企業の最新の動向を知ることができます。

●企業のSNSをチェック!
さらに、ブログやSNSをやっている企業もあります。スポーツ大会や忘年会といった社内イベントの様子を掲載している企業もあるため、そこからも情報を収集するのもおすすめです。

転職先の情報をしっかり集めれば、転職活動に悩むこともない

転職先に悩んだら、自分が転職先に何を望むのかをしっかりと考えることが大切です。まず自分の希望を理解していなければ、それに合った企業を見つけることはできません。また、転職先の候補を見つけたら社風を含めて企業の情報をできるだけ多く集めましょう。企業が打ち出す「自社で働く魅力」と自分が仕事に望むことが合えば、社風とのミスマッチを防ぐことができ、転職後のモチベーションを維持できます。転職先選びに悩んでいる方は、上記を参考にしてみてください。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 3386
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード