家でも紫外線対策!窓にUVカットフィルムを貼ろう

紫外線対策は重要ですが、日焼け止めやサングラスなど外出先での対策がほとんどです。家の中にいても太陽光は入ってくるため、それによる紫外線を防止するには、窓にUVカットフィルムを貼るのがおすすめ。今回は、窓に貼れるUVカットフィルム10選をご紹介します。

  • 27099
  • 107
  • 2
  • いいね
  • クリップ

窓にUVカットフィルムを貼るメリット

家の中にいるとき、昼間は太陽光を取り入れるためにカーテンを開ける家庭がほとんどではないでしょうか。このとき、紫外線も一緒に取り込んでしまっているため、肌や目にダメージを蓄積させないためには窓にUVカットフィルムを貼るのが有効です。これにより紫外線をしっかりカットできます。アイテムによっては、外から中が見えないような目隠し効果のあるものもあります。

窓用のUVカットフィルムの種類

窓に貼って使うUVカットフィルムには、さまざまなタイプがありますが、その1つとして透明なタイプが挙げられます。透明なタイプはできるだけ明るさを維持したままUVカットができるよう工夫されており、外の光はほとんど減光せずに入ってきます。色を入れることで断熱効果を高めたタイプもあります。くもりガラスやすりガラスのような風合いで、目隠しも同時に行えるタイプもありますよ。

透明タイプ! 窓用のUVカットフィルム

紫外線を99%以上カットできる、ほとんど透明なUVカットフィルムです。紫外線はカットしつつ目に見える光は多く通せるように開発されているため、窓に貼った後も違いはわずかです。水だけで簡単に貼れるため、貼ったことがない方でも気軽に取り入れられます。1m以上なら、10cm単位で切り売りした状態で注文できます。

窓ガラスの飛散防止ができるUVカットフィルム

99%の紫外線カット効果だけでなく、万が一窓ガラスが割れたときの飛散防止も期待できるフィルムです。小さい子どもが家庭にいる場合、万が一の衝突で大ケガをするのをある程度防げます。また、空き巣による侵入を防ぐ効果もあります。窓ガラスが飛散しないと侵入に時間がかかるため、諦めて帰る可能性が高くなるのです。防犯の意味でも、UVカットフィルムはおすすめです。

目隠し効果もある窓用のUVカットフィルム

光の透過率を重視するのではなく、あえて目隠しをしたい場合におすすめなのがUVカットのできるガラスフィルムです。紫外線を99%以上カットできるだけでなく、外から中が見えにくいようにし、光の差し込む量を調整することもできます。ベーシックな「半透明」や「スリムボーダー」から、デザイン性の高い「四角柄」や「ワイドボーダー」、「花柄」まで、豊富なパターンから選択可能です。

熱を反射する窓用のUVカットフィルム

フィルムに金属層を取り入れることで、高い遮熱効果も実現したUVカットフィルムです。紫外線は99%以上をカット可能で、その上で太陽熱も大幅にカットします。これにより夏は冷房の効きがよくなり、冬は部屋の熱を逃さずに暖房がより暖かくなります。こちらのUVカットフィルムにはミラー効果もあり、昼間の明るい時間帯はマジックミラーのように外から中が見えにくくなります。

貼りつけ&剥がしが簡単な窓用のUVカットフィルム

紫外線のA波、B波ともに99%以上をカットし、家の中にいても紫外線対策ができるUVカットフィルムです。「透明」のタイプは光の透過率が高く、「ライトグレー」のタイプは光の量をある程度抑えることができます。こちらのフィルムは貼りやすさと剥がしやすさが特徴で、フィルムを伸ばして隅を透明シールで貼るだけととても簡単です。

遮光効果の高い窓用のUVカットフィルム

紫外線を大幅にカットしつつ、遮熱や遮光効果も高いUVカットフィルムです。こちらのフィルムはスモーク効果のあるタイプで、フィルムなしの窓ガラスでは目に見える光を約86%透過させるのに対し、こちらのフィルムを貼ると約15%にまで抑えられます。そのため、西日が眩しい部屋や赤ちゃんのいる部屋など、太陽光を抑えたい部屋の窓にぴったりです。

目隠し効果の高い窓用のUVカットフィルム

窓が道路に面していて外からの視線が気になる、でも昼間は太陽光を取り入れたい……という場合におすすめなのが、こちらのUVカットフィルムです。薄めのぼかしが入っているため、外から中が見えにくくなります。また、カーテンを閉めるよりも多くの光を通すので、部屋の明るさもある程度確保できます。もちろん、紫外線は99%以上をカットしますよ。

おしゃれな窓にできるUVカットフィルム

目隠し効果によりプライバシーを確保しつつ、おしゃれな窓にできるUVカットフィルムです。フィルムには目にやさしい木の絵柄が描かれており、道路に面した窓の目隠し用にはもちろん、シャワールームにもおすすめです。貼りつけも水しか使わないので難しくなく、失敗してもすぐに剥がしてやり直しができます。なお、もともと目隠し効果のあるくもりガラスやすりガラスに貼る場合は、平らな面に貼るようにしましょう。

ブルーライトもカットできる窓用のUVカットフィルム

紫外線を99%以上カットできるだけでなく、ブルーライトもカットできるUVカットフィルムです。目に害となるのは主に紫外線ですが、紫外線に近いブルーライトも体を興奮させ、睡眠に影響を及ぼすとされています。こちらのフィルムは本来の規格よりも広い範囲の光を遮断するため、ブルーライトをカットすることも可能です。

まるでブラインドのような窓用のUVカットフィルム

光をある程度通しつつ、目隠し効果によりプライバシーの保護ができるUVカットフィルムです。こちらのフィルムを貼ればほとんど外が見えなくなるため、外から見られる心配もなくなります。見た目はブラインドのようですが、本物のブラインドよりは明るく光を通します。99%以上のUVカット効果はもちろん、遮熱効果によりエアコンの効きをよくすることも可能です。

窓用のUVカットフィルムで快適に過ごそう

窓に貼って使うUVカットフィルム10選をご紹介しました。どのアイテムもUVカット効果は高く、貼るだけで紫外線による肌や目へのダメージを大幅に減らせることがわかります。西日が強い部屋など、まずは気になる部屋を1つ選んで使ってみるのがおすすめです。透明なタイプや目隠しができるタイプなど、UVカットフィルムにもいろいろなものがあるので、自身や家族の生活スタイルに合わせて選んでみてください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 27099
  • 107
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード