扇子の次は、うちわがオシャレ!バッグにすっぽり入る《ひだりうちわ》

日本の暑~い夏に便利な夏小物と言えば、扇子とうちわ! 扇子はすでにファッションアイテムとして定着していますが、うちわとなるとライブ会場や自宅で使う実用的なものというイメージではないでしょうか? そんなこれまでの概念を覆す、デザインに優れた《ひだりうちわ》が誕生しました!

  • 15890
  • 172
  • 0
  • いいね
  • クリップ

世界の上質な紙を使ったアートなうちわ

〔一心堂本舗〕から今年5月に発売された《ひだりうちわ》は、毎日持ち歩きたくなるようなかわいいデザインが特徴です。

うちわに使用されている紙は、現地ネパールで「1000年もつ紙」と言われ、一枚ずつ手作業で作られているロクタ紙と、京都の職人さんが一枚一枚手染めした友禅手漉き和紙を使用。丁寧に作られたそれら高品質な紙を、うちわの名産地として有名な香川県丸亀市で製造しています。

《ひだりうちわ》の絵柄は全部で24種類。ニューヨークやドイツのデザイナーが手掛けたアーティスティックな絵柄から、国内で活版印刷した和の趣のあるものまでバリエーションもさまざま。その日のスタイルに合わせてコーディネートが楽しめます。バッグに入れられる専用ケースも発売されているので、汚れやキズを防いで大切に使うことができます。

6月には、漫画原作の絵柄を友禅手漉き和紙で仕上げた《ドラえもん》《ドラミちゃん》柄が新登場。子どもたちや海外の方へのギフトにしてもよろこばれそうです。

《ひだりうちわ》900円(税込)
パッケージサイズ 横133×縦270mm
一般的なうちわよりもコンパクトなサイズで持ち運びやすい。
《だるま型うちわケース》300 円(税込)
福の文字とだるまのイラストが入った縁起の良い専用ケース

暑中見舞いとしても送れるスグレモノ

《ひだりうちわ》は、専用の《宛名・メッセージシール》を使ってポスト投函ができるので、暑中見舞いとして送るのもおすすめです。暑中見舞いは8月7日の立秋よりも前に、相手の方の住んでいる場所の暑さがピークを迎えるころに送るのがいいとされています。《ひだりうちわ》がお手紙として届いたら、なんだか風流ですよね。

《宛名・メッセージシール》100円(税込)
ポスト投函が可能。郵送料金は120円

商品の由来になっている「左団扇(ひだりうちわ)」とは、利き手ではない左手で悠々とうちわを扇ぐ姿から転じて、余裕のある楽な暮らしぶりを意味することわざです。《ひだりうちわ》を使って風を扇げば、金運アップや幸運を運んできてくれるかも!? 今年の夏のラッキーアイテムになりそうな予感です。

【店舗情報】
●販売元: 一心堂本舗株式会社
●問い合わせ:フリーダイヤル 0120-937-226(平日9:30~17:00)
●販売店舗: 東急ハンズ、ロフト、一心堂本舗通信販売、直営店舗東京スカイツリーソラマチ店ほか

●ライター 美濃羽佐智子


LIMIAからのお知らせ

リフォームの見積もり比較なら「ハピすむ」
1.800社を超えるリフォーム会社の中から厳選してご紹介
2.今なら全員に「失敗しないリフォームガイドブック」をプレゼント
3.東証一部上場企業による安心安全なサービス

  • 15890
  • 172
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

手作りアクセサリーや手作りバッグ、レジン、ペーパークラフトなど幅広い範囲のハンドメイドの実例記事をご紹介致します!世界に一つだけ、自分だけのハンドメイド作品を作…

おすすめのアイデア

話題のキーワード