ミルクペイントforウォールでトイレの壁を塗ってみよう

ターナー色彩さんから発売されたミルクペイントforウォールをトイレの壁の一面に塗ってイメージチェンジしてみました。消臭、抗菌、クリーニング、防カビ、不燃、黒板の6つの機能もあって、とても塗りやすかったです。

  • 5842
  • 31
  • 0
  • クリップ

BEFORE

我が家のトイレ(BEFORE)です。
夏を意識して、4~5月は南国風のディスプレイにしていました。

4年ほど前に、ダマスク柄の輸入壁紙を貼ってイメージチェンジしておりましたが、少し気分を変えてみたくなりました。
ターナー色彩さんから発売されているミルクペイントforウォール200mlを使って、タンクの上までをペイントしてみようと思います。

準備するもの

☆ミルクペイントforウォール200ml(ダークナイト)
☆刷毛(ローラーでも可)
☆マスカー
☆ビニール手袋
☆ペイントを出す皿
☆はさみ(マスカーをカットするため)

☆脚立または椅子


※伸びが良くて垂れにくいペイントではありますが、一度付いた汚れは取れにくいので、
汚れてもいい服装で作業しましょう。

養生します

先ず、マスカーを使って養生します。
テープ部分を壁に貼り、たたまれているビニール部分を伸ばすと、ビニールが広がって、汚れから壁や床などを守ってくれます。

両サイド、窓枠部分、床、便座部分にマスカーを貼りました。

トイレは狭いので、脚立や椅子を置く場所によっては、ペイントが飛び散りやすくもなります。
少し大変ですが、養生をしっかりして、壁や床などを守りましょう。

ペイントしてみよう

蓋が閉まった状態のペイントを良く振って、適量を皿に出します。

刷毛でペイントを少量取って、塗っていきます。

先に、廻り縁の境目、換気扇の周りなどを囲むようにしてから、残りを塗っていきました。
壁の上の方は高いので、椅子に載って作業しています。

どんどん塗り進めていきます。

脚立(椅子)から落ちないように気を付けて塗ります。

タンク上のラインには、マスキングテープを貼っておきました。

写真のように、タンク上までを塗ることができました。

養生を剥がして、使った道具はペイントが固まる前にきれいに水洗いして乾かします。

完成♪

できあがりです。

無地のネイビー色になったことで、引き締め効果もあり、少し大人可愛い感じにイメチェンすることができました。

黒板機能のテスト

ミルクペイントforウォールに付いている6つの機能のうちの黒板機能をテストします。

ペイント後5日くらい経ってよく乾かしてから、家にあったチョークで書いてみました。

黒板消しできれいに消えました。

何度も落書きしていると、黒板消しにチョークの粉が溜まってきますので、黒板消しをよくはたいてから消すときれいに消えます。

トイレにもぴったりな他の5つの機能・・・消臭、抗菌、クリーニング(掃除しやすい)、防カビ、不燃も楽しみです。
目には見えない効果ですが、トイレが清潔に保たれるといいなと思います。

インスタグラム、ルームクリップもやっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

いつも いいねやフォロー、コメントありがとうございます(__)

大変励みになっています。

  • 5842
  • 31
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード