【自分で編集する住まい】戸建てリノベーション「西荻窪の家」

  • 1518
  • 12
  • 0
  • クリップ

戸建てリノベーション「西荻窪の家」

シンプルな素地のハコに、空間を編集する道具箱をコンセプトにするtoolbox(ツールボックス)のアイテムや工事サービスを使いながら、壁を立てたり、収納をつくったり、パーツを加えたりしながら編集できる住まい。例えば器と料理、スマホとアプリ、そんなイメージが近いかもしれません。建物設計は新鮮なアプローチで建物やまちの再生を行うSPEAC(スピーク)です。

自分で編集する住まい

家を買うことはゴールではありません。家はそこからはじまる自立した暮らしを実践するためのきっかけのような存在です。
そこでどんな暮らしをするのか、家族とどんな関係を築きたいのか、どんな歴史を刻みたいのか、自分自身で向かい合って考えていくことが求められています。

住みはじめに100%すべてを決めることなんてできないし、暮らしや趣味はどんどん変わるもの。
丈夫で長持ちする構造安全性能・環境性能が担保された豊かな可能性あるハコを手に入れ、そこにその時々で必要なものを加えながら、ゆっくり育てていけばいいのです。

Plan (土地:88.53㎡・建物:85.52㎡)

1階も2階もそれぞれいまはワンルームの空間。構造体である柱や梁、床の段差、トップライト越しに1階までおちる光、丁寧にデザインされた構造用合板の壁面など、ここから手を加えていく手がかりにあふれたハコです。

内装メニュー

「住みたい家」か「住みたくない家」かの選択で家を決めるのではなく、住みたい家を自分でつくっていくことができる「西荻窪の家」。広々とした素地のようなハコを、自分の生活のスタイルに合わせて形作れるように、内装メニューのカタログを用意しました。
提供するメニューは100種類以上。
部屋を作るための間仕切りや収納造作、空間を彩るタイル貼りや塗装といった工事サービスと、toolboxがネットショップで取り扱うタオル掛けや照明といったDIYアイテムです。どれもこだわりのデザインで、ありきたりな内装では満足できない方でもワクワクしてもらえると思います。物件価格の中には、100万円分の内装費用が含まれているので、コーディネートを楽しむように壁やパーツをチョイスして自分だけの家を作ることができます。

Interview記事 

「色々なスタイルにチャレンジして、やっと自分に似合うものが見えてくる。服だって家だって一緒です」「僕たちが今リノベーションと呼んでやっていることを、昔の職人たちは肩に力を入れることなく、常識的にやっていたんだと思います」。そう語るのは、「西荻窪の家」のパートナーであるtoolboxとSPEAC。これからの住まいの姿についてインタビュー記事も公開中。合わせてご覧ください。

「西荻窪の家」オープンハウスのご予約承り中

お問い合せ先

株式会社リビタ 担当:桜庭、水上
<TEL> 0800-300-1296(フリーコール)
<MAIL> fs@rebita.co.jp
<営業時間> 10:00-19:00
<定休日> 火・水・祝 

  • 1518
  • 12
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード